2018年07月23日

陽射し

 夏のけだるさの中で今日の朝を迎えました。
 昨日は海老名の市民まつり。多くの人出の中、にぎわいと、祭を盛り上げる演出と、神輿と、花火と・・・お酒。
 陽射しにさらされた重い頭を冷たいシャワーで覚醒させながらの朝です。

 あの津久井やまゆり園での事件から2年が過ぎようとしている今日、その追悼式が行われます。
 知的障害のある人を心失者と侮蔑的に呼びつけ、19人もの命を奪ったことを悔いるでもなく正当化する容疑者。その主張を紹介する本が出版されようとしています。議会はこうした言論と戦うべきか、ことさらに取り上げず静かにやり過ごすべきか・・悩ましいところです。

 季節はいよいよ大暑。
 照り付ける陽射しを思うのはやめて、携帯の電源を切って高原の木陰にでも涼む様子を思い浮かべて、頭の重さをやり過ごそう・・。




posted by おさだ at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年07月22日

善意

 酷暑の週末、いかがお過ごしですか?
 本当は議員の定数を増やしたい野党の形ばかりの反対の中、参議院の定数6増が決まり、国会が会期末を迎えました。パチンコをギャンブルとするならば(立派なギャンブルですが)世界一のギャンブル大国ニッポンにカジノができることになりました。県議会でも発言して来ましたが、カジノなど百害あって一利なしだと私は思いますし、経済振興や外国人誘致の手法として思いついたのがそれ?もっと他にこの国の魅力をアピールする方法はあるだろうと思います。
 その一方で、反対する国会議員さんもいかがなものかと思います。「ギャンブルよりも被災者支援」と書いた幕を広げて採決に反対する様子が報じられていましたが、カジノと災害はまったくの別問題。こんなこじつけでしか反対する理由がないのかと国民は感じてしまったのではないでしょうか。

37635903_1225866637555517_4292164851314196480_n.jpg
 昨日は海老名駅前で「平成30年7月豪雨災害(西日本豪雨災害)」への募金活動を行いました。
「私広島の生まれなのよ」と言って募金して下さる初老の女性。
「少しですが・・」と言って音の出ないお金を差し込んで下さるジーパンの男性。
「入れちゃった!」と言ってママにしがみ付く男の子。
「・・・・」募金箱の前を行き過ぎてから立ち止まり、戻って来て募金してくれるつけまの若い女性。
 皆さんの善意にふれるたび、募金を呼びかける声も少しふるえます。

 仕事帰り、丹沢の夕日はハッと息を飲むような美しいピンク色に染まっていました。
IMG_3136.jpg

posted by おさだ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年07月20日

土用干し

 ここのところ仕事はとても忙しくしているのですが、内容が政党の中での仕事、つまり党務の関係で、あまり皆さんにお話できない部分が多くて申し訳ありません。べつに悪い事をしているわけではありませんから誤解しないで下さい(笑)。
IMG_3116.jpg
 事務所から駅に向かうあぜ道から田んぼをのぞくと、すっかり水が干上がっています。これは「土用干し」と言われるもので、この時期農家は意図的に田んぼの水を干上がらせて稲の根を張らせるのだそうです。それまでタップリとあった水が無くなることで稲は水を求めて根を伸ばすのでしょうね。

 なんだか人間の一生にもそんな時期が必要な気がしたり・・・世の中には、自然に教えられることが色々ありますね。


posted by おさだ at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年07月19日

補欠の美学

 日本の中学や高校で行われている部活動というのは、世界でも日本にだけある特殊な教育習慣だと思います。
 部活って一度入部したら辞めてはいけないという不文律みたいなものがありますよね。今はそんなでもないのかな・・。入学と同時に入部した部を、途中で退部するといのは仲間を捨てること、と言ったらちょっと言い過ぎですが、あるいはものごとを途中で投げ出したみたいな感覚がありますよね。
 そして更に、部活にある「補欠の美学」。「お前は3年間補欠で一度も試合に出られなかったのに、よく最後まで頑張った!」的なものありますよね。レギュラー選手にはなれないと悟った生徒がプレーに参加するよりも自主的に球拾いをするような態度が「素晴らしい!」と称賛されたり。
 子供たちがより自分に向いたスポーツや文化に出会うためにも、こうした習慣は良くないと指摘する評論家もいて、私もうなづける気がします。
 ただ、日本の部活動にはスポーツや文化活動の技量を高めようという目的の他に仲間意識や我慢、犠牲的精神など人間力を高める目的もまたあるのだろう・・・とも受け止めています。
 実は、高校の野球部でその補欠の美学をみごとに貫いてしまった自分自身、この歳になっても、あの時もっと他のスポーツや文化部に転身していたら高校生活はどんなふうになっていただろうと、想像してみるようなことがないわけではありませんが・・。

 高校野球神奈川県大会は今3回戦が行われていて、先日見事に第2シードの法政二高を破った海老名高校が今日桐蔭学園と対戦します。そして我が母校座間高校も同じ球場で市ヶ尾高校と試合を行います。
 もし、仮に、今日その両校が勝ったとしたら、なんと4回戦では海老名と座間が試合をすることになるのです。母校VS地元。心中複雑なことですが、見てみたい気もします。

 今日は応援に行きたいなぁ・・・
 両校の勝利を祈っています。


posted by おさだ at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年07月17日

暑いねぇ

 忙しい三連休でした。
「暑いねぇ」だれとでも顔を合わせれば互いに口から出る言葉。まだ7月半ばで、普通ならようやく梅雨が明けるかという時期なのに、これから夏真っ盛りの8月も、残暑厳しい9月もやってくるのかと思うと気が遠くなるようです。
IMG_3102.jpg
 日曜日には中新田諏訪神社と門沢橋渋谷神社の例大祭が行われました。

 それにしても・・「暑いねぇ」


posted by おさだ at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年07月14日

好循環

 最近、近所の田んぼの用水路で釣り糸を垂れる人をよく見かけるようになりました。金ブナ、銀ブナ、クチボソあたりを釣り上げているのでしょうか。
IMG_3054.jpg
そしてもう一つよく見かけるようになったのがアオサギという我が国最大級の大きな鳥。これもやはり田んぼや用水路にいる小動物をねらっているようです。
573879.jpg
 私たちの国では下水道が整備され、農薬の使用も減ったことなどから河川の水質が向上し、魚類などの小動物が増え、またそれを餌とする動物が増えるという食物連鎖の好循環が現れ始めているということだと思います。

 今日から三連休。有意義な時間をお過ごしください。

 
posted by おさだ at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年07月13日

学び

 今朝は自宅の外で野鳥が元気に鳴いています。あまりに大きく明瞭な声で鳴き続けるその鳥はガビチョウ。昔、人間が愛玩用に中国から持ち込み、野生化した外来種です。この鳴き声、皆さんも聞き覚えがあるのではないでしょうか。↓↓

https://search.yahoo.co.jp/video/search?rkf=2&ei=UTF-8&dd=1&p=%E3%82%AC%E3%83%93%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6%E9%B3%B4%E3%81%8D%E5%A3%B0

 鳥だけでなく・・言葉も外来(語)を好むのが日本人。
 行政の世界では最近サマーレビューという言葉が定着しつつあります。簡単に言うと、通常秋から始まる来年度予算の編成作業前に、事業の見通しや予算の洗い直しを行い、翌年度に向けたビジョンをあらかじめ定める作業のことを言います。神奈川県でも今は財政当局を中心にこの仕事に着手する時期です。4月から新年度がスタートしたばかりなのに、もう来年度の見込みをたて始めるのですから慌ただしい話ではありますが、今の行政は神奈川県に限らずこうしたサイクルで動いています。したがって議会もこのリズムに反応して行かなければなりません。6月の定例会が終わった翌日から私たちは来年度の予算編成に向けて、様々な団体や県民からの要望をお聞きするヒアリングを開始しています。
 昨日の報道にもあった通り極めて好調な税収が見込まれる神奈川県・・なのに財務はとても厳しい。それは介護や医療などの義務的な経費が膨らんでいるため。

「入りを量りていずるを為す」=入った分だけ使う
 この教えは前出のガビチョウと同じように中国から入って来ました。(礼記)
 最近では「入りを図りていずるを制す」と表現する人も多いそうです。より積極的に収入が増える算段をし、更に支出を減らすように体質を改めるという意味だと理解しています。


posted by おさだ at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年07月11日

ひまわり

 おはようございます。
 昨日の県議会は議会運営委員会の終了が22時過ぎとなり、今朝は少々寝不足です。
 最近の議会の各会派を見ていて思うのは「55年体制への回帰」ということ。(19)55年体制とは自民党と社会党という二つの政党が概ね政治を担った時代であり、自民党は与党、社会党は野党という構図が固定化した時代のことですが、見ていると立憲民主党という会派はまさにかつての社会党そのものに回帰つつつあるなぁ・・と。そして今は国民民主党という政党がありますが、これまさにかつての民社党という中道右派の政党にとても似て来ている気がします。ついでに自民党はと言うと「派閥」という言葉はできるだけ使いたくないのですが、やはりかつての派閥政治的なものが復活しているように見えます。
 それが良いか悪いかは見る人によって評価が違うのだろうと思いますが。
IMG_3045.jpg
 自宅の近くの畑で、一面にひまわりが咲いている場所があります。いつもの通勤路とはちょっと離れた場所なのですが、最近は遠回りをし、満開の様子を毎朝眺めながら仕事に向かいます。目立たない場所ですし、だれがどんな目的でこんなにたくさん種をまいたのでしょう・・。

 さて、今日は県議会定例会最終日、様々な議案の採決が行われます。
 では、行って来ます。

posted by おさだ at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年07月10日

下水道

 西日本の水害はここまで被害が甚大になろうとは思いもしませんでしたし、専門家ですら予想がつかなかったようです。

 昨日はとても大事なことで国会へ行って来ました。
IMG_3063.jpg
 大雨による水害にも関係することなのですが、今政府内部では下水道を整備するために自治体に公布してきた補助金を大幅にカットしようという意見が強まっています。例えば海老名市内でも市街化区域内の下水道はほぼ100%整備が済みました。これは海老名だけでなく全国的にそういった状態まで整備が進んで来たということです。国の側から見ると「整備が終わり、今後は維持管理が主体になるのだから、国からの補助はやめて下水道を利用する国民の利用料金で賄うようにしたらいいじゃないか」という考えになるようです。
 ざっと試算してみましたが、国の言う通り下水道を維持管理するために利用者から頂く利用料を値上げして対応しようとすると標準的な4人世帯でも月々1000円程度、あるいはそれ以上負担が増える見込みです。
 それに、下水道は整備が済んでいるわけではなく、例えば横浜市の中区や西区などの中心市街地や藤沢市の海に近い部分など、早い時代に市街地整備が行われた地域では下水道といっても、トイレの汚水も雨水も一緒に流して処理をする合流式の下水道が整備されている地域があります。近代的な下水道はトイレや台所の汚水と雨水は別々の下水管で集めて処理をして海や川に流していますが、古い時代に整備されたエリアでは今でもそういった状況で、そのエリアの住民はとても多いのです。
 で、何が問題かと言うと・・・この合流式の下水道では大雨が降った時は雨水が処理しきれず、トイレの汚水も雨水も一緒にそのまま海に流してしまっているということなのです。

 これは案外知られていない事実です。
 だから大雨の後は海で泳がないほうが良いのかもしれません。

 一面的に見れば全国の下水道の整備は進んでいると見えますが、まだまだこうした課題は残されています。
 ですから、いきなり下水道整備のための予算を国が削ってしまうようなことはせずに、会計制度の見直しなど、徐々に条件整備をしながら制度改革を進めて欲しい。それが自治体としての意見であり、昨日はそれを訴えるために国会へ行ったということです。

 今朝はなんだか長くて政策的な話になってしまいました。

 今日は県議会も明日の採決に向けて様々な調整を行う日です。
 では、行って来ます。


posted by おさだ at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2018年07月09日

水害

 シロツメクサがいっぱいに咲いているグラウンドで、昨日は富士ゼロックスラグビー部主催による小学生のラグビー祭が行われました。
IMG_3037.jpg
 広島や岡山をはじめ西日本では記録的大雨による被害が広がっています。
 今の私が学生だったなら、早速荷物をまとめてボランティアに向かったことでしょうけれど、今の自分ではそうもいきませんし、行ったとしてもたいした役にはたてない事でしょう、せめて議会や党を通じて募金活動の計画を立てたいと思います。

 話は変りますが、東柏ヶ谷をはじめ近隣住民からの久しい要望であったさがみ野駅前への交番の設置は、今年建設が進められます。そろそろ市民の皆さんに具体的なことをお知らせしたいので何かイメージパースのようなものでもあればと県警にリクエストしてみたのですが、今はまだ設計が終わった段階ですし、そもそも簡易な建物ですからそういうものは作らないようです。それにまだ名称も決まっていないのだとか・・。そりゃやっぱり「さがみ野駅前交番」という名称になるだろうと思いますが、これから地元に相談して正式に決定するのだそうです。

 西日本では水害のあとは厳しい暑さが続くようです。私も長野県岡谷市での水害復旧ボランティアに参加したことがありますが、水害では下水もあふれてしまっていますからとても不衛生な状態になります。ましてこの暑さでは、被災者の皆さんの体調が心配です。

posted by おさだ at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感