2005年04月10日

郵政民営化と民主党の凋落

 いよいよ大詰めを迎えた郵政民営化論議。政府対自民党の壮絶なバトルに国民の耳目が集まっている。こんなふうに政策的なテーマが戦わされることは大いに結構なことだなぁ・・・と眺めているが、ところで政府と自民党って同一のものと思っていたが、戦っているのはこの両者である。つまり“自民党政府”対“自民党議員”の対決である。主役はどちらも自民党であり、自民党の中で戦わされた激論の結果が国家の方針となって行くという構図だ。公明も含めて民主ほか他の政党はすっかりカヤの外ではないか。

 その民主だが、何とかという、よくテレビに出てくる幹部が「竹中は小泉総理のイヌだ!」と言っていた。息子と一緒にテレビを見ていた私は黙って下を向くしかなかった。政治家として実に恥ずかしい、信じられないような発言だ。国会議員ともあろう者がどんな事情があれ、人のことをイヌなどと呼んで許されるわけがないではないか。そして議論のテーブルに付こうともせずに、竹中大臣の不信任だって?あなたたちはいったい何をやっているのか?と情けない気持ちになってくる。
 主体性なくソフトクリームのような甘ったるい主張の民主より狡猾ながらも真剣な議論を戦わす自民が、郵政民営化という壮大なテーマを前に国政で主役を演じているのは当然なことと言うべきか。

 週明けにはそれなりの決着がつくことと思うが、自民党の反対派議員の多くは郵政民営化に反対したら次の選挙は戦いにくいということは充分に承知しているはず、それどころか小泉さんのことである、結果によっては一挙に政局に進む可能性まではらんでいる。どんな結果となるのか関心は高まるばかりだ。

 話は違うが、それにしても国鉄も電電公社も専売公社も民営化した中曽根という人はやはり偉大な政治家だったと、もっと評価されてしかるべきかもしれない。
posted by おさだ at 10:51 | TrackBack(0) | 政治