2005年04月26日

列車事故とマスコミ報道

 尼崎で起きたJR福知山線の列車事故の悲惨さには目を覆いたくなるは私だけでしょうか?犠牲者のなかには前途有望な若者もいたろうに、結婚を目前にした女性もいたかもしれない、子供たちが帰りを待つお父さんもいただろうし・・・考えるほどに辛い出来事です。知らずに過ごすことができればむしろその方が幸せなのではないか?どのチャンネルを回しても事故報道一色のテレビにはうんざりもします。私の施設では事故当日いつものようにつけられていたテレビ画面がいきなり事故現場に切り替わり、血だらけの人たちが映されたことからアルツハイマー性の認知症の方がパニックになってしまい、以後事件報道の番組にはチャンネルを合わせないようスタッフに指示しました。

 それにしてもハエのように事件に群がるマスコミの様子には嫌悪感を覚えます。運転手の未熟さやスピードの出しすぎといったことに事件の原因がありそうな報道がされていますが、まずはその運転手の家族など周囲の人たちの安全の確保と人権保護こそ対策を講ずるべきことなのではないでしょうか?
posted by おさだ at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感