2005年05月03日

憲法記念日に想う

 あなたは憲法改正に賛成?それとも反対?この問いに確たる信念を抱いて答えを出せる人がどれほどの割合でいるだろうか?特に戦争や貧困、強制、義務、束縛といった社会(政府)による統制や干渉の実体験に乏しい若い世代の者にとってそれは判断の下しにくいテーマであるはず。
 
 世代的には私も例外ではなくこのテーマの判断に迷いが無いわけではありませんが、憲法改正に関しての私(長田)の意見は「賛成」です。

 これまでの日本国憲法は帝国主義時代への反省に立ち、国家による国民への不当な弾圧を防ぎ、必要以上に国民を縛るような法律を作らせないための縛りとしてセーフティガードの役割を果たしてきたと私は考えます。
 しかし、時代の変化の中で日本国憲法制定時には想定していなかった環境権のような概念も憲法に盛り込む必要が生じてきております。また憲法もセーフティーガードの域を超えて日本の国民として固有の歴史や文化を尊重し、その精神文化や美しい国土を守り、世界の平和と繁栄に貢献し、内政においては地方主権を実現する。そういった目標を高らかに掲げて新たな国づくりに向かってゆけるような憲法を作れたら良いと思うし、何もかも出来上がってしまった閉塞の事態より“創造の時代”に私も生きていたいと思うから、私は憲法改正に賛成したいと思うのです。

 皆さんのご意見はいかがでしょうか?軽々に答えをだす問題ではないでしょうし、私自身もはなから自分のスタンスを固定してしまう気もありませんので、大いに議論できたらいいな、と憲法記念日にあたり想うのです。
posted by おさだ at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治