2005年05月21日

今日のことわざ・傍目八目(おかめはちもく)

傍目八目・将棋をしている人を傍らから見ていると八手も先まで手が読める。つまり、第三者の立場で見ると熱くなっている当事者よりも冷静に物事を見ることができるという例え。

 政治の世界もこうして在野から眺めればこそ見えてくるものもあるようです。「良薬は口に苦し」という言葉もあり、行き詰ったこの時代、真に民を思い良薬を処方すれば「苦いぞ」と反発もあるのでしょう。
「政治家はほめられても驕(おご)らない。非難されても驚かない。」とは池田大作氏の言葉だったか・・・・
posted by おさだ at 07:18 | TrackBack(0) | 政治