2005年08月09日

いよいよ衆議院解散!

郵政民営化法案が否決されたのは残念ですが、小泉総理が公言していた通りの衆院解散はまさに自民党の中の守旧的な政治家を吐き出すために絶好の機会となると期待しています。

ただ、自民党の中で反対にまわった代議士の選挙区で郵政民営化に賛成する候補者を擁立することができるか?というのが一つの課題です。これができなければその選挙区の有権者は、民主も反対、守旧派も反対、で賛否の選択ができない選挙になってしまう。これでは解散して国民に信を問う選挙にはならないわけでこの数日間の自民党改革派の動きに注目したいと思います。もっともすでにそれなりの手はうってあると思いますが・・・

さて民主党はどうする?今回の郵政国会ではまったく存在感が無かったが、選挙ではいったい何を訴えるのだろう? 政権欲しさにいつまでも「反対のための反対」を繰り返していては万年野党を脱することはできないと思うのだが。私は過日国会において地方の立場で発言した横浜の中田市長の意見に心から賛意を示したいと思っている。
「国の改革を進めるためにも郵政の民営化には“賛成”する。政府案は妥協修正した部分もあり、改革派の皆さんには不満かと思うが、改革に不安を抱く国民に配慮した良い案だと思う。」(要約)

今回の国会採決で全員がそろって反対した民主党には、自民党の混乱に乗じて政権をもぎとってやろうという意図は感ずるものの、賛否について党内で民主的な議論がなされていたのか?と疑問を持たざるを得ない。この政党こそ議員個々の主張を自由に戦わせて圧力団体お抱えの守旧派議員を排除していって欲しいものだが。

健全な精神は健全な肉体に宿る
健全な政治には健全な野党の存在が不可欠である。
posted by おさだ at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治