2005年08月28日

衆議院選挙、公開討論会開催される!

d08c0c1f.JPG 大和、座間、綾瀬、そして海老名。県央四市の青年会議所が合同で主催した、衆議院選挙神奈川13区立候補予定者による公開討論会が海老名市文化会館大ホールにて行われました。
 
 立候補を予定している自民、民主、共産の各陣営より候補予定者がそろって参加し、まさに熱い論戦が行われました。

 各候補者の弁舌について、あまり具体的な印象を申し上げますと時期的にも問題がありそうなので抽象的な表現になりますが・・・・

・自民現職は豊富な経験と知識に裏付けられた政策論で他候補の批判を退け、与党としての責任をアピールしてみせた。

・民主の元職は政権批判を中心に論戦を挑み民主か自民かの政権選択の選挙を主張し、政権交代を訴えた。

・共産新人は護憲と米軍座間キャンプへの第一指令軍移転拒否を強烈にアピールしながら同時にソフトな人柄を醸し出した。

 といったところでしょうか?

 運営する若者たちも今まで公開討論会なんて行ったことも無い連中ばかりが集まって短期間によく準備をして、実施にこぎつけてくれました。運営する側も参加する市民もまだまだこういった取り組みに不慣れなこともあり、反省すべき点はいくつも残りましたがその点は今後の課題と思ってご容赦頂ければ幸いです。
posted by おさだ at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感