2005年09月09日

因果応報

 衆院選も終盤になりました。
 つらつらと思うところあり、一筆したためます。
 
 政権を獲得しようとする政党もしかり、市長や知事といった首長選挙でもそうですが、これにチャレンジしようとする人はみな「きっと自分がやればあれもこれもできる。」と思うのが常のようです。
 しかし、最近思うのですが・・・・もし仮に民主党が政権を握ったとしましょう。しかし、それは同時に自民党と公明党が下野するといことでもあります。もし仮にこの巨大野党がこれまでの民主党のような反対に反対を重ねる抵抗をしたら、おそらくただの一本だって法案は成立しないのではないか?

 横浜の中田という市長はやはりただ者じゃないな、と感じました。「今の民主党は負けた方がいい。」と言ったそうだ。「対案も出さずに郵政民営化に反対しておいてあとでああだこうだというのはみっともない。」とも。

 審議拒否、牛歩戦術、意味の無い不信任案。野党各党のそうした態度に今回の選挙で厳しい審判が下るのは自明の理だと私は思います。
posted by おさだ at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) |