2005年11月23日

怒りと悲しみ

f6ec5d17.jpg 今日は海老名市内の、身体、知的、高齢など各種障害団体の皆さんと一緒に秋の日帰り旅行に行って参りました。私は資格を持っているヘルパーとして入浴等の介助をするためのボランティア参加です。何しろ目的地があの「旧称スパウザ小田原」現在のヒルトン小田原スパリゾートですから、入浴の介助っていってもそれはもう大変なことなのですが・・・

 さて、そっちの話はともかくも、この根府川の丘の上に立つ立派な施設のあまりにも壮大な姿と豪華さと、そしてこんなものを造ってしまった「厚生労働省(雇用・能力開発機構)」の馬鹿げた偉業にため息と怒りと悲しみと・・・なんとも言えない一日でした。

 私たちが納めている雇用保険から総工費455億円ものお金を出してこんなもの建設しておいて、小田原市に8億5000万円で売っちまった。もう皆さんご存知のことですから今更と思われるかも知れませんが・・・あまりにも憤りを感じたので関係者を捕まえて色々と聞いてみました。
 8億5千万円で買った小田原市はこれをあの一流ホテル「ヒルトン」に賃貸してその家賃収入は売り上げの12.5%、最低年間家賃4億3千万円ということだから、小田原市としてはそれなりに事業として成り立つ計算だろうけれど、つまり世界の超一流ホテルが経営してもこの程度の水揚げしか上がらないということですよ。それに455億円もの建設費がかかってたら元本の償還に何年かかるんだよ? 22世紀を見据えての事業だったったとでも言うのだろうか?

 どうぞお時間のある方はこの先も読んでみて下さい。
 続きを読む
posted by おさだ at 09:04| Comment(1) | TrackBack(0) |