2005年11月30日

充実感と焦燥感

83075ee8.jpg デイサービスの仕事を終えて、ふっ〜っと、ため息をつきながら自分の机から職員たちが帰った職場を眺めます。
 白熱灯の黄色っぽい光に浮かんだ職場を眺めていると本当に「今日も一日頑張ったな。」という充実感が沸いてきます。

 ここはとても居心地がいい。
 スタッフはみな若くやる気に満ちていて、私のことを「施設長!」と呼んで頼りにしていてくれているようです。お年寄りの皆さんともうちとけて話をしたり、ご家族からの相談にのったり、ご近所の皆さんからも時おり差し入れが届いたり・・・コミュニケーションも良好です。施設の運営もじょじょにではありますが軌道にのってきて、男としては仕事のやりがいをジワリと実感できる今日この頃です。

 でもね、これでいいのか?
 この居心地の良い場所にどっぷりと漬かってしまっていて・・・いいのか?

 そこはかとない焦燥感も同時に胸の内に同居しています。

 「ぼちぼち潮時かなぁ?」

 独り言を言ってみながら、戸締りを確認して家路につきました。
 
posted by おさだ at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉