2006年03月09日

前・原・さ・ん・・・

 しかし、民主党の前原代表という人には、なんと言って良いやら民主党の人たちがかわいそうだよな、これじゃ。

 横浜へやってきて「政令市の県議会議員は不要だ。」と言って長々と持論を展開してしまったらしいじゃないですか・・・・驚きますねぇ、いや確かにそういう一面はありますよ。ある意味では正論かもしれません。例えば私などもそういうことを口にすることがあります。実際横浜や川崎の県議というのは地元のまちづくりという意味では市に大多数の権限があり、そんなにやることが無い。だから県議会では党の役職や政党間の政争に没頭される方が多い。

 でもさ、そういうことを私みたいな人間が言うならともかくも公党の代表が何の下地づくりも調査も研究も無いままにただ持論でしゃべられちゃ困るでしょって。民主党の横浜の県議会議員さんなんか「あなたいらない。」って言われてるようなもんだから・・・・あまりにも軽過ぎるじゃん、前ちゃん。(失礼かもしれないけどこんな呼び方したくなっちゃうよ)

 提起すべきことはこうです。
「神奈川の場合、一つの都道府県の中に政令市が二つもあり、しかもその政令市の人口が県全体の半数を超えている。さらに最近では相模原市なども合併により政令市移行をうかがう状態であると聞きます。これはいかにも都道府県行政のあり方としてイビツであると言わざるを得ません。例えば二つの政令市から選出されている県議の皆さんなども自らの地元では政令市によって大半の行政が執行されており、その守備範囲は実に限られたものとなってる。これは私も京都府議会議員をしていたことから経験済みであります。
 そもそも人口数百万という自治体も人口数千人の自治体も同じ自治体として扱われ、国家の中に共存していることに無理が生じてきており、やはり道州制を始めとする大規模な制度改革の中で自治体のサイズや質といった問題を大胆に改革して行くべきであると考えます。
 しかし、既存の既得権やしがらみに縛られた自民党政権にはこれを期待することはできない。我が民主党は新しい国づくりを党是としてこれからもまい進してゆきます!だから9月までやらせてください!」

 こんなんでどうでしょう?前原さん。
posted by おさだ at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) |