2006年04月09日

小沢さんが代表か・・・・

 民主党の代表に小沢一郎氏が選ばれましたが・・・・
 選ばれるまでは「小沢さんじゃ自民党がもう一つできるようなもんじゃないの?」とネガティブな感想を持っておりましたが、選ばれた以上前向きにとらえてみたいと思っています。

 松沢知事がマスコミへのコメントで「この国で本当に構造改革を推し進められるのは小泉(純一郎)さんと小沢さんだけ。」語っていましたが、確かにそう言われてみればそうかなぁ・・・と。

 人口減少に象徴されるこれからの日本を、時代の変化に対応したシステムに創り変えていくには相当な知識や努力が必要であるし、何より※改革に抵抗する勢力を説得する忍耐、からめ手で組み伏せる知恵、時に敵を寄せ付けない豪胆さ、そしてブレない信念。そういったものが必要であるし、そういう意味では小沢氏と小泉(あるいはその後継者)が互いに改革を競い合う構図が最も望ましいのかもしれません。

 ただ気になるのは早速始まったマスコミのあら探し、と、もしやこの機に乗じて民主党から自民党に乗り換えを図るような輩が出てきはしまいか?ということ。小泉さんが前代表の前原さんに「大同団結しよう。」と揺さぶりをかけたことの影響がここになって出てくるような気がしてならない。そうなったら政権交代可能な二大政党なんてありえない。単なるフルーツバスケットだ。

※改革に抵抗する勢力
権限を手放そうとしない官僚やそれらに媚びうる政治家。
利権に食いつく者、既得権にしがみ付く者。
何でも反対の純粋野党。
ネガティブキャンペーンで記事や映像を売るマスコミ。 など。
ただし「変化を恐れる罪なき国民」は決して抵抗勢力ではないことを付け加えます。
posted by おさだ at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) |