2006年05月31日

どうしゅうせい?

 道州制をPCで変換すると“どう修正”!!

 私たちの税金のほとんどを国が集めて、それを地方の自治体に再分配する。この方法で私たちの国は極めて短期間の間に国土全体を均衡ある形で近代化することに成功しました。

 しかし、この国全体が長期低成長、人口減少の時代に入った今、これまで通りのやり方では国全体が立ち行かない状況となっております。

 何よりも国債という借金の問題。国と地方自治体の借金を合計するとなんと770兆円に達していると“推計”されています。

 私たちの税金がいったん国という遠いところへ行ってしまうとその金がどのように使われているか監視の目が行き届きにくくなるし、道路公団、社会保険庁など昨今様々な問題が露呈しているように“無駄遣い”が多くなります。

 そして予算となった税金を欲しがる国民(の代表である政治家)も“自分たちの血税”という感覚が持ちにくいので“少しでも多くぶん取ろう”という感覚となり「オラが村に○○建設を。」といった陳情政治が横行し、計画性の無いばらまき福祉が生まれたのです。

 続きを読む
posted by おさだ at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) |