2007年04月23日

丸太の橋を渡るがごとし

 統一地方選挙も後半戦が終わり、これで少しはつかの間の休息ができるかな・・・
各地の戦況を見れば「多選」と「自民党」に厳しい審判が下ったという印象です。昨夜もいくつかの選挙事務所を訪問しながら開票を見守りましたが、落選の報にはいつも胸がしめつけられるようなたまらない苦しみをおぼえます。支持者の嗚咽、うつむく候補者、敗戦の弁、家族の涙・・・なんでこんな思いまでして人は選挙なんてものに挑戦するのだろう・・・今さらながらに自分の来し方を省みて背筋の凍るような思いが致します。前だけを見て丸太の橋を渡りきってしまったものの、背後で深く大きな口をあけている漆黒の谷を見下ろして震え上がるような、そんな感じです。

追伸・自民党会派入りに関しては書き込みの中で批判を頂いております。否定的なご意見が多ければ、昨今の政治状況が続く限り次回の選挙で私は谷底に落ちることになるでしょう。それでも前を見て次の丸太に足をかけなければならない。落選の可能性を背負いながら生きていくのは政治家の宿命ですね。

 今回の統一地方選挙で果敢にも選挙に挑戦され落選された方々の心の安寧と生活の再建を心からお祈り致します。
posted by おさだ at 09:56| Comment(2) | TrackBack(0) |