2007年05月08日

バイオガソリン

7bd3651a.JPG バイオガソリンの販売が始まりました。東京、神奈川、千葉、埼玉で50ヵ所のガソリンスタンドでの販売と聞いていましたので、「まだまだ遠い存在かな・・・」と思っていましたら、なんと我が家のとなりにあるスタンドで販売してるではないですか!早速給油してまいりました。

 バイオガソリンはトウモロコシやサトウキビなどの植物から生産されるエタノールと石油系のガスを合成したもので従来のレギュラーガソリンと同じ性能を持ち、かつ地球温暖化の原因である二酸化炭素の排出を抑えることができます。(トウモロコシなどを生産すること自体で光合成が行なわれ二酸化炭素を吸収する効果もある。)

 マスコミなどはこのバイオ燃料について、原料となる植物の生産が追いつかないとか、トウモロコシを買占められて食用油の価格があがった、などとネガティブなキャンペーンをしていますが、私の感覚としては環境保全に有効な手段の一つとして負の部分ばかりをクローズアップせずに大切に育てていくべきものだと考えます。私たちの国は資本主義原理による市場経済が確立している国です。原料の生産が追いつかなければ価格は上がるでしょう、しかし価格が上がれば生産者の意欲も上がり、生産量も追いついて来る。ブラジルのように自動車の大半がエタノール車なんてわけにはいかないにせよ日本の国には農作物の耕作が放棄されている田畑がたくさんあり、これから先は益々増えていくと予想されます。キャベツや苺などの商品野菜と違ってバイオ燃料の原料となる作物は機械化による生産がしやすいとも言われ、技術も進歩によっては生ゴミなどもバイオによってエネルギーに転化することが可能です。

 私は、バイオガソリンを使いたいと思います。
posted by おさだ at 08:26| Comment(4) | TrackBack(0) |