2007年07月31日

書かないわけにはいかないだろうなぁ

 選挙の結果や感想についてはあまり気乗りしなくて・・・書きたくないけど書かないわけにいかんだろうなぁ、職業柄。

 自民党大敗の最大の原因は安倍総理の“頼りなさ”ということだったのかな?と選挙が終わって改めて感じているのだから私もお粗末な政治家である。それだけ自民党という組織に私も染まり始めてしまっているということか。

 「産む機械」発言から始まって「ナントカ還元水」「自殺」「原爆しょうがない。」と重量級閣僚の失態もさながらやはり極めつけは赤城農相のまさに“頼りない”ありさまだったろう。それらを首相として最後までかばい続けた、と言うよりもどうすることもできなかった。
 小泉劇場と言われたように女傑マキコ、オトボケ役塩ジイなど役者がそろっていた前政権とは違い結果として安倍内閣は発足当初に揶揄された通り「学園祭内閣」的な頼りなさだけが際立ってしまい今回の結果を招いたのではないか?そしてその頼りない内閣が教育基本法の改正、公務員法改正、社保庁解体など歴史的大改革を短時間で強行したのだから・・・・

 年金問題も自民党にとっては大きな痛手となった、しかし年金記録うんぬんより以前に年金制度そのものに対する国民の不信(ぼく達は将来年金をもらえるの?)があるのだからいくら記録の整備をしても社保庁を解体しても国民の信頼がもどるわけではない。

 私も自民党議員の一人だから終わってから評論家のようにものを語ったり、グチを言うのは良くない。これから自民党内閣がどのような方向に進むのか、私のような者にはどうすることもできないけれど、自民党にはこれからも恐れずひるまず改革を続けていって欲しい。私もその一員として職責をまっとうしたいものだと切に願う。

最後に
 参議院の勢力が逆転したことでむしろ民主的な国会運営が進むことを望みます。民主党もこれによって結果責任を負う立場になるのだからこれまでのように審議拒否をしたり、何でもかんでも反対、反対ではなく是々非々の立場で国会に臨んで欲しいものです。全ては国民のためにあるのですから。

 
posted by おさだ at 08:06| Comment(2) | TrackBack(0) |