2007年08月06日

雷鳴

 けたたましい雷鳴とともに祭の会場はバタバタと地をたたく大粒の雨に襲われました。悲鳴と共にテントに逃げ込む人々。あでやかな浴衣のすそが濡れ、ピンクや白のテッシュペーパーで作った花も見るに耐えない有様。あきらめ顔の役員さん、狭い空間の中で肩を寄せ合いながらしばしの雨宿り、来賓の市長さんや甘利大臣を囲んでしばし雑談とボヤキの混じった対話集会・・・中野の盆踊り会場での出来事でした。

 今日は併せて10会場で同様な祭が行なわれる日、まだこのあと、杉久保、大谷、上今泉、柏ヶ谷など各地から招待を受けている私たちにはまったく困った雨になってしまいました。

「大変な天気だから一緒に乗っていかないか?」と声をかけてくれた甘利大臣のクルマに同乗させて頂き、車中で色々な話もさせて頂く機会ができました。今月27日に内閣改造が行われ、全閣僚が総理あてに辞表を提出することになったとか。雷光に照らされる大臣の顔に険しさが漂い、見つめている視線は近いところに落とされているような気がしました。

 落雷により東柏ヶ谷の一部では停電が発生していました。照明の消えたコンビニを見たのは初めてのような気がします。目の前の信号機がダウン。機転を利かせた柏ヶ谷消防団の皆さんが発電機を起動して視界を確保し、警察が到着するまでの間交通誘導を行なったため事故もなく約一時間後に停電は復旧しました。

 昨夜の出来事です。
posted by おさだ at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) |