2007年08月10日

放射能事故に備えて

a93360ba.JPG 先日原発事故に関する書き込みなどもありましたので、県議会議員として横須賀にある「横須賀オフサイトセンター」を視察してまいりました。ここは放射能漏出などの事故に備えて専門家が常駐し各種の機器を備え、緊急時には政府や関係機関と連携の上、現地対策本部が設置されるなど原子力事故に備えた県の施設です。神奈川では横須賀に米軍の原子力空母が寄港することからこの地に施設が設置されています。

 ガンマ線の測定がうんぬんとか専門的なことはなかなか理解しがたいものがありましたが、刈羽原発での激震事故など原子力大国ニッポンとしては少なくともその安全性の確保に最善を尽くすと共に原発自体の是非や代替エネルギー技術の推進について議論を深める必要があると改めて認識させられました。
posted by おさだ at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) |