2007年10月17日

日韓交流

972c1a02.JPG 世界でも有数の港をかかえる神奈川はペリー提督が浦賀にやってきた日から私たちの国の国際交流の舞台として発展してきました。
 そんな土地柄ですから政府や行政機関による国際交流はもとより、民間どうしによる民際外交(故長洲知事提唱)も活発に行なわれています。
 そのような土地柄を象徴してか、神奈川県議会にも日中友好議員連盟(以下議連)や日華議連(台湾交流)、日韓議連などの組織が超党派によって作られています。

 昨日はその日韓議連と韓国総領事、在日本大韓民国民団(通称民団)の幹部の皆さんとの交流会が横浜の韓国料理店で行なわれました。

 政府間の外交は時に良くも悪くも大きく変化することがあります。しかし、私たち民間による交流はいつの時代も友好を求めて続いて行くし、またそうでなければいけません。県議会議員になって人との交際範囲が格段に広がりますが、同時に政治家としての視野も広げていかなければいけませんね。

 
posted by おさだ at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) |