2007年11月05日

大連立!!!・・???

 新聞報道(読売一面トップ)によれば自民、民主の大連立は小沢氏の方から持ちかけたっ言うじゃないですか・・・・なんともありえない話だよ。選挙で散々こき下ろしておいて、いきなり連立なんて国民をバカにしてるとしか言いようがない。
 私は無所属で立候補したのに自民党の会派に所属したということでずいぶんとご批判を頂いたが、今回の騒動はその比ではない。民主党や民主党の候補者に一票を投じた人はいったいどんな気持ちでいるのだろう?当然の話だが、これほどのことをするなら選挙でその方向を示しておいて国民の審判を仰ぐべきだ。
 自民党以上に自民党的な小沢一郎氏が代表になったとき「民主党の終わりが始まった。」と日記に書いたが、まさに小沢氏の場合、新進党を作ったのも自由党を作ったのも民主党に合流したのもただ政権の座に就くための手段にすぎなかったということだ。そして民主党の中には「本当なら自民党の政治家になりたいんだけど、なれなかったから民主党」みたいな輩が少なからずいることも追々明らかになっていくだろう。こんなに国民をバカにした話があるだろうか?

 ただ、今回の騒動が改めて政界再編につながり、外交や安全保障を基軸に「イラク特措法賛成・憲法改正推進」といったグループと「集団的自衛権反対、護憲」といったグループとに色分けされた二大政党ができあがり、両者の間で真摯な議論と政権交代が行なわれるなら、それは望ましいことだとは思います。

 いよいよ海老名の市長と市議の選挙が告示されました。皆さんには高い関心をもってこの選挙を見つめて欲しいと思いますが、市議選に関しては・・・出色の候補者が見当たらないなぁ・・・何より選挙のときだけ派手なパフォーマンスをして、終わったら何処に居るの分からなくなっちゃうような事はもうやめにして欲しいものだ。

 
posted by おさだ at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) |