2007年11月06日

選挙戦

b3157404.jpg 市長、市議選に挑戦している同志の応援に駆け回っております。

 それにしても最近の選挙は本当に結果が予想しづらいものになっています。なにしろどの候補者の陣営を見ても人が集まらない。個人演説会に行っても参加者5人、10人なんていう会場も多い。そして後援会への入会者を募るリーフレットの回収が極めて少ない。従前の市議選なら集めた名簿の5割が票になるとか、3割だとか、陣営ごとに歩留まりを読んで得票状況を把握したものですが、最近では得票数ほどにも集まらない陣営が多いようです。個人情報に関する意識の高まりも背景にあるだろうけれど、根本的に従来からの選挙のやり方に有権者が飽きてきているのだろうと思います。無節操にかけまくる電話作戦。朝から大音量の選挙カー・・・自分もしてきたことだから威張って言うわけにはいかないのだけれど、一般市民からすれば迷惑な行為だろうと思う。しかし、それをやらなきゃ選挙陣営が盛り上がらないという現実の中でしかたなくやっているというのが実態では・・・選挙直前になって「長田さんのようなホームページを立ち上げて得票を狙いたい。」なんて真顔で相談に見える陣営もありますが、直前にそんなとしたって意味ないですよって答えるほかないこともあります。

 やはり“普段”からの“不断”の努力、人柄、そういうものを見極めて、だれからも拘束されない一票を投じて頂くことが大事ですね。
posted by おさだ at 08:22| Comment(5) | TrackBack(0) |