2007年11月30日

環境を語るなら

 アメリカで“過激な環境主義者”と言われた元大統領候補アル・ゴア氏がその環境活動や映画「不都合な真実」での評価をもとにノーベル賞を受賞しました。

 私は、環境問題をテーマにした旅の道すがら色々なことを考えました。

 政治家として、自らの政治信念を環境主義に置くならば、それはとても厳しい実践を伴わなくてはいけない。と。

 環境を語るならエコカーに乗るべきだ。
 環境を語るなら出された料理を食べ残してはいけない。
 環境を語るなら自宅の冷暖房は控えるべきだ。
 環境を語るならまだ着れる服を捨ててはいけない。
 環境を語るならまだ着れる服があるのに新しい服を買ってはいけない・・・

 環境主義の観点から言えば原油の価格が高騰するのは歓迎すべきこと。なぜなら省エネが進むから
 環境主義の観点から言えば少子化も歓迎すべきこと。なぜなら人類の人口爆発は地球環境を脅かすから

 とてもとてもストイックな実践がなければ政治家、つまり言論をもってなりわいとする者が環境問題を語る資格は無いのではないか・・・

 旅の締めくくりは京都。

 京セラの本社を訪問し、世界最先端を行く太陽光発電の取り組みについて学ばせて頂きました。

 帰路の京都駅。新幹線を待つわずかな時間、三十三間堂を訪れることができました。

環境とは共生
環境とは、、再生
環境とは、、継続
環境とは、、生命
環境とは、、自分

 千手観音と二十八部衆。
 そこにもまた環境についての教えがあったように感じます。
posted by おさだ at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) |