2008年03月03日

映画 明日への遺言

 遊んでばかりいるわけではないんですよ。この週末もラグビースクールの卒業式やお琴の発表会や自衛隊関係団体などなど忙しくイベントを駆け回りながら、6本の陳情を受け付けました。

 さて、合間を縫って3月1日から封切られている映画を観てきました。「明日への遺言」大東亜戦争終戦後の戦犯裁判において米国捕虜を処刑した罪に問われ、「全ての責任は私にあります。」と隊の責任を一身に背負って処刑された東海軍指令、岡田資(たすく)中将のことを描いた作品です。

 感想・・何よりも藤田まことの演技が秀逸でしたね。表情も動作も抑えながらしっかり味が出ている。妻役の冨司純子さんはセリフがほとんど無いのにこの存在感・・・そして死を達観した中将の書く日記のセリフの一つ一つに感銘を受けました。
 ただし映画全体も抑揚を抑えた作品で場面のほとんどが法廷の中で進行します。従って油断すると睡魔に襲われる危険もあります。実際ほぼ満席に埋まった客席の8割がたを占めている中高年のお客さんの中にも大イビキをかき始めるお父さんやシャリシャシャリとビニール袋の音を響かせるお母さんもいてちょっと残念でしたが・・・

 東京裁判史観なんて口にするとまた右翼だナショナリストだと言われそうですが、戦勝国による一方的な裁判を批判し日本の無罪を主張したパール判事のように日本の軍人を擁護してくれた弁護士がアメリカにもいてくれたことを知りました。
posted by おさだ at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治