2008年03月13日

責任政党

 責任政党なんてものがあって良いのかどうか分からないけれど、この国の政治における結果責任はほとんど全て政権を担ってきた自民党にある。

 揮発油税の暫定税率論議にしてもいつまでも場当たり的な“暫定”を続けてきた自民党がいけない。

 そもそも原油がここまで高騰するような事態を引き起こしているのも世界第二位の経済大国日本の政治を動かしている自民党の責任だ。

 日銀総裁が決まらないって、いつでも何でも反対することでしか自己主張できない健全万年野党を作ってしまった自民党の責任のような気がしてきた。だって野党第一党の党首も幹事長も自民党の人じゃないか!

 嗚呼!なんと嘆かわしきかな責任政党。

 日本のマスメディアは日本の政治に飽きてかまだまだ先のアメリカの大統領選挙の前哨戦の報道に熱中している。だってあっちの方が面白いんだもん仕方ないよね。

 アメリカのように成熟した二大政党がガチンコでぶつかり合う政治を私たちも目指したつもりだったのに・・・これもやっぱり自民党の責任だと、自民党議員の一人として私は自戒する。
posted by おさだ at 09:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治