2008年03月15日

22年ぶりに硫黄島へ

^b`AhS[.jpg学生時代に戦没者の遺骨収集ボランティアとして1ヶ月ほど硫黄島に滞在していた経験のある私。昨日は県議会の一員として22年ぶりに同島とを訪問する機会に恵まれました。

 久しぶりのことだし懐かしかったですよぉ。絶海の孤島硫黄島。かつては千人以上の島民がここで平穏に暮らしていました。その島があの太平洋戦争末期に世界の戦史でも最も激烈な戦いの戦場となったことは皆さんもご存知の通り。日本の兵士の戦死者は約2万、そしてアメリカの戦死者はそれを上回る約2万8千。わが国にとってはこの戦争を通じて初めて領土が侵される戦いであり、ここが落ちればB29による本土への空爆を許すことになってしまうから。

 さて、今回は硫黄島で行なわれている米軍戦闘機の離発着訓練、通称タッチアンドゴーの現状視察に行ってまいりました。
 これまで厚木基地で行なわれ、周辺住民に激しい苦痛を与えてきたこの訓練、今は緊急時以外はこの硫黄島で行なわれています。その戦闘機F18スーパーホーネットが滑走路にタッチするわずか30mほど離れた場所でその状況を視察してきたわけです。類いまれな経験というやつですね。詳しいことはまたお会いしたときにでもお話したいと思いますが、耳栓が無ければ鼓膜が破れるほどの爆音は内臓をブルブルを揺するほど。

posted by おさだ at 08:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 政治