2008年06月05日

環境展

?W.JPG 今年は環境分野の常任委員会に所属することもあり、その分野の勉強を始めています。昨日は東京ビッグサイトで行なわれている「環境展」を見学してきました。
 今日は海老名市役所の経済環境部を訪問し、海老名市が抱えている環境や農業に関する諸問題についてレクチャーを受けてきます。
 明日は農業と商工業をマッチングして互いのビジネスチャンス、ビジネスモデルを創出しようという甘利代議士(経済産業大臣)の発案、「農商工連携」について調べてくるつもりです。

 今日の神奈川新聞では県内の建設現場などから排出される汚泥が大量に海洋投棄されている問題が一面のトップで報道されています。その量は年間で100万トンを超えているとか。もちろん投棄を行なっているのは神奈川だけではないのでしょうから全国、あるいは世界中で累計すればかなりのものになりこれが海を汚染していることになります。世界の海は一つなのですから他人事ではありません。さらに何年か前までは人間が排泄する“し尿”についても海洋投棄を行なっていた自治体があり、次回の議会では今回報道された建設汚泥に限らず「海洋に投棄されているもの」全ての実態について質問をしてみたいと思います。

 写真は環境展の様子。自社の環境技術や商品を売り込もうとする企業が軒を並べています。
posted by おさだ at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治