2008年06月27日

議会基本条例

 どんなもんだい!っと意気高揚する思いです。水面下での調整中ということもありこれまで申し上げずに来ましたが神奈川県議会のあり方を定義する「議会基本条例」の骨子が今日新聞報道されました。
 議員の権能を強化するため調査権を最大限活用できるよう諸規定を設けたり、また議員としての倫理を明記するなど、これまでのどこの都道府県の議会にも無いしっかりとしたものとなっていると自負できる内容です。そしてなんと言っても知事に反問権を付与するというところが新しく大きな前進と言えると思います。

 ご存知の通り議会での議論というのは議員が知事や職員などに対して一方的に質問し、それに対して答弁をもらうという片側通行の議論でありました。これに対してこの規定では知事の側が議員の発言に対して逆に反問する機会を与えるというものです。

 とかく「あれもして欲しい。これもして欲しい。」と陳情質問になりがちな議員の質問。そしてあるときには「財政を健全化しろ」とも言う。矛盾(むじゅん)とまで行かないにせよご都合主義の質問をする人もいるもの、そんなときに答弁する知事が「矛盾してませんか?」と反問することができるわけです。ですから議員の側も相当に研鑽して議論をしかけないといけなくなるわけでこれは議員の資質向上という観点からも非常に良いことだと思うのです。

 これからインターネットなどを通じて県民の皆さんからのご意見を募集します。是非一言お寄せ下さい。
posted by おさだ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治