2008年07月14日

暑いですね。

208Xs[`.jpg 昨日は海老名市内各地に15ヵ所配置されている消防分団の皆さんによる「操法大会が開催されました。」消防ポンプ車からホースを伸ばして水を出し標的に当てる(同じく撤収する)までの時間や正確さ、キビキビとした節度などを競うもので今年は常勝分団杉久保が昨年の惜敗の雪辱を果たして優勝(最優秀賞)しました。その他準優勝とも言うべき優秀賞に輝いたのは中野、門沢橋、上今泉などの分団でした。

 さて、それにしても同世代の皆さんが多く集まる大会。皆さん気軽に「よぉ!しんちゃん!」と声をかけてくれます。ただ辛いのは大分で起きた教員不正採用事件を引き合いに出して「お前は大丈夫かぁ?」なんて聞かれることですね。同じように思われるのは本当に心外で事件を起こした容疑者達には本当にハラの立つ思いです。
 この問題、おそらく大分に限らず他の都道府県でも同じような問題が起きているような気がします。政治家による口利きも、かつてはそういうことが常態化していたと私も感ずるところがあり、この際しっかりと膿みを出して欲しいし、実力があったにも関わらず試験に落とされた人の救済が行なわれなければならない。それにしても本来は10年間保管しなければならない試験の答案用紙を半年で破棄してたなんて!本当に悪質な確信犯だよなぁ・・・(怒)

 写真・消防操作法大会でのスピーチ(撮影k yamazaki氏)
posted by おさだ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治