2008年08月27日

相模縦貫道路の高速料金

 あと一年半で相模縦貫道の海老名北インターチェンジが中新田地区でに開通します。
 海老名北インターチェンジが開通することで当面は東名高速道路への乗り降りができることになり、海老名市民にとっては便利になることだと思います。

 そこで今日のお題は気になる高速料金のことについて・・・

 私としては、多くの方にこの道路を利用して頂き、海老名市内などの一般道路の交通渋滞を防ぐためにも短い距離の高速道路利用について割高感が無いよう料金設定を行なってほしいと要望活動を行なっています。

 まして、縦貫道の料金と東名高速の料金体系が別で、縦貫から東名へと乗り継いだときに言わば“初乗り料金”みたいなものが別々に取られたりしてはたまりません。
 つまり私鉄からJRに乗り換えたときのように・・

 まさかそんなことあるの?って言う人もいますが、東名と小田原厚木道路(通称・オダアツ)がその例。両者に料金の連続性はありません。  でしょ? ですから縦貫の海老名北インターから乗ってすぐに東名に乗り継いだとき、別々の料金を取られるようなことになったら大変割高なものになってしまいます。

 神奈川県の広域幹線道路事務所へ行って確認作業をしています。中日本道路公団と交渉を行ないます。

 県会議員てそれなりに頑張ってるんですよ。自分で言うのもなんですが・・・

T_.JPG
 写真・先日平塚にある神奈川県農業技術センターへ行って来ました。
 
T_.jpg

 農業に関する先端技術や新品種の開発、普及活動などを行なうところです。写真のナスは「サラダ紫」という神奈川が開発した新品種。ずしりと重く、生で食べられるみずみずしいナスです。そのままかじって皮にえぐみが無くジューシーで果物を食べているような食感のナスです。来年あたりには店頭に並ぶとか・・・
posted by おさだ at 07:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 政治