2008年09月02日

憤り

 突然の福田総理辞任である。

 なんと無責任なことか・・・昨年の安倍さんに続いて二代続けて途中でサジを投げちまいやがった。

 自民党の議員の一人として本当に恥ずかしい。激しい憤りを感じずにはいられない。


「就任以来、年金問題、防衛省の不祥事、肝炎訴訟など“積年”の課題の収拾に追われて・・・・」と辞任の理由を言った。

 積年の課題って・・・つまり過去の問題で「私には責任の無い問題をおっかぶされて・・・」って私にはそう聞こえてしまう。とんでもない!もう長いこと与党の一員として政治家をやってきた者の一人という自覚が彼にあるならばそんな他人事のような言い方ができるわけがない。まして親父も総理だったんだろうが!

 自民党に入党して、批判されながらもそれが地元のためだと思って歯食いしばってやってる俺にしてみりゃ親分がこんなふうに逃げ出されちゃ、たまったもんじゃない。こちらの方こそ離党したい気分だ。もちろんハラをくくった以上私は福田さんのようなみっともないことはしないが、これで自民党の下野は避けられないだろう。しばらくは厳しい時代が続く。支援者の皆さんに本当に申し訳ないと思う。

 今日あたり、ろくな反省もせず早くも後任人事で色めき立っているような政治屋が出てくるはず。この際そういう不謹慎な者を見極めたい。
posted by おさだ at 06:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治