2008年11月01日

明日、地球が滅びようとも

 明日、地球が滅びようとも、君は今日りんごの苗木を植える

 20世紀の人類は大自然に対する畏怖の念を忘れ、自然に挑戦し、破壊してきた歴史を持ちます。その結果今日地球は温暖化し、北極の氷が溶け、海面が上昇し、世界で砂漠化が進み、気候変動による大災害をもたらしております。
 私たちの身近なところでもゲリラ豪雨と言われるるな集中豪雨が降り、丹沢の山々では植生が衰退し、土壌が流出し、母なる川相模川には外来の植物が生い茂る事態となっております。やがて湘南の砂浜は姿を消し、高速道路を陥没させました。

 大自然の脅威におののく今、私たちは21世紀を自然と共存し、持続可能な社会をつくりあげる世紀にしなければなりません。

 明日、地球が滅びようとも、君は今日りんごの苗木を植える。

 えびなの森 創造事業が一過性のイベントに終わらず、子々孫々まで受け継がれ、緑豊かなまちができますことを心よりお祈りしてあいさつとさせて頂きます。ありがとうございました。

海老名市・神奈川県共催による「えびなの森創造事業記念植樹」でのスピーチより。
posted by おさだ at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治