2008年11月10日

愚民政策

.jpg 愚民政策・・私が持っている辞書によれば「支配者が自己の利益や保身をはかるため、人民の判断力を奪って無知のままにしておく政策。」とある。

 国民一人あたり1万2千円。子どもと高齢者にはさらに8千円を上乗せして差し上げます、という麻生内閣の経済対策を批判して松沢知事は「つかみ金的なものを配るのは愚民政策そのものだ。」と批判した。

 誇りある政権政党として批判は甘んじて受けよう。しかし、「つかみ金」という言葉も「愚民」という言葉もあまりにも下卑た言葉で、国民を揶揄しすぎている。これでは実際に政策が実施されたとき、その給付を受けた国民は「つかみ金をつかまされた愚民だ。」ということになってしまう。
 ま、批判された側としては血相変えて怒るまでももない、つまり知事としての教養の問題だが・・・

 さて、その給付金の給付について所得制限を設けるとか高額所得者は辞退すべきとか、色々と議論が出ているが、どうやら政策の本質を忘れてしまっているようだ。つまりこれは景気対策である。経済市場に現金を流し込んで消費を刺激するのが狙いの政策で、まさに「ばらまく」からこそ意味のある“経済政策”なのでは?逆に言えば困っている国民を助けるための福祉施策ではないということになるのだが、その政策の本質をとらまえれば所得制限云々という話は意味が無いことに気付いてもらえるはずだが・・・もちろん私はこの政策が最良の策だと思っているわけでは“まったくない”のだが、みなさんどうでしょう?
posted by おさだ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治