2009年01月21日

オバマ大統領就任に思う

 他国の大統領就任を日本ではテレビのニュースもワイドショーも新聞もラジオもいっせいにトップで報道するフィーバーぶりである。
 世界を震撼させる経済不況のさなか、若くて洗練された彼のセンスは国民の期待を集めるであろうし、米国初の黒人大統領誕生といったことだけでも歴史的な出来事であるには違いない。

 それにしても神奈川県知事まで「就任式の招待をもらいました!」と喜び勇んで県議会が開催されているさなかにアメリカへ行ってしまった。

 その就任式の様子をテレビで見るだけでも、まさか日本の一県知事がわざわざ出かけて行って何をできるやら・・・せめて一緒に写真でも写してもらえれば本人は望外の喜びだろうが、アメリカの経済失政によって発生した経済不況でみんな苦しんでいるときに、と思うと何だかミーハーな話で、情けなくなってしまう。

 一方オバマ大統領の就任演説は国民を勇気付けるものであったらしい。日本国民もこれに少しでも触発され、経済に元気が出てくれれば良いのだが。是非新大統領が提唱するグリーンニューディール政策にからんで日本の環境技術を世界にアピールして行きたいものだ。
posted by おさだ at 09:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治