2009年01月29日

パンデミックに備えて備蓄を!

pf~bN~.jpg 私の知りうる限りの情報をお伝えします。

@鳥インフルエンザの流行が持続する限り、このウィルスは突然変異により自らその姿を変え、今や鳥から人間に感染するウィルスに発展しています。(皆さんもご存知の通り)

A更にその変異は進んでおり、現在確認されているウィルスからの情報でもあといくつかの進化をとげると人間から人間に感染するヒト型ウィルスとなります。※だれにもこれを止めることはできません。

B Aのことを新型インフルエンザと言います。

C現在すでに流行しているインフルエンザは弱毒性のもので、感染しても気管の炎症や大腸への影響で済みますが、この新型インフルエンザは強毒性のもので、およそ全ての臓器に感染し、放置すれば感染者の6割が死に至ると推定されます。

D一言にインフルエンザウィルスと言うがその型は140種以上もある。

E今年流行している型にはタミフルが効かないことが分かっており、この新型にどの薬が有効かは新型ウィルスが発生してみなければ分からない。つまり医薬品の備蓄のしようがない。

Fそこで現在行政内部で検討されているのが、国民に対する外出禁止措置である。

G新型ウィルスが確認された時点で、保育園、幼稚園、小中学校、高校、大学にいたるまで閉鎖し、児童生徒は自宅待機。同様に企業についても電気や水道、食料などのライフライン、あるいは報道機関など必要なもの以外は業務の停止を命ずる。更に電車やバス、航空機なども運行量を大幅に削減し、国民の外出行動を抑制する。などの措置が取られる。それを発生源や大都市などで局地的に行なうか、全国的に行なうかなどについてはレベル1からレベル5など段階に応じて実施するようシュミレーションしている。

Hこの新型ウィルスが発見された時点でそのウィルスをもとにワクチンの製造に入るが、現在国ではその製造体制の確立に全力をあげているが、ワクチンができるまで鶏卵を用いた従来型の製造方法で22週間、細胞培養による方法でも12週間はかかってしまう。

I更に造られるワクチンの量には限りがあるためトリアージと呼ばれる優先順位をあらかじめ決定して必要な人間から接種をする。

Jちなみに優先順位のトップには内閣総理大臣ほか国の施策に関わる人物と医師、看護師などの医療関係者であり、私のような自治体の行動に関わる県議会議員なども優先順位の何番目かに入ってくるらしい。

Kつまり一般の皆さんにワクチンが行き渡るのにはかなりの時間がかかる。

Lワクチンを打ってもらえる人はいいなぁ・・・などということはなく、そのワクチンの接種を受けるということは危険の最前線に立って被害の拡散防止に努めなければならないということ。

M繰り返すが、残念ながらこの新型ウィルスの発生を防ぐことは不可能。問題はウィルスがいつその変異を遂げるか。それが明日なのか、来年なのか?という時間の問題。

N外出禁止措置をとった場合、医療機関に押し寄せる患者や食料を求める人々にどう対処するか?これからの課題は山積。

O何より大切なことは皆さん自身が自己防衛を図って頂くこと。高性能なマスクや消毒薬、うがい薬、そして食料などの備蓄をし、いざ新型ウィルスが発生したときにはすみやかに家族と連絡をとって自宅に待機すること。

P大流行は三波まで予想されています。自宅待機などによって一度目の流行が収まっても二波、三波の大流行が予想されますので決して油断しないこと。

 以上本日の県議会での議論の中で私が知りえた重要な情報です。帰りがけの電車で足が震えました。早速駅前の薬局で写真の備蓄用品を買いこみ、これから家族で会議を開こうと思います。

 もう一度言います。ウィルスは今も進化を続けていて、致死率60%と言われる強毒性の新型インフルエンザは必ず発生します。

追伸・重要な問題ですので間違いがあるといけません。識者の方など、上記の記述に間違いがあると思われる方はご一報下さい。
posted by おさだ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(2) | 政治