2009年02月27日

すみません。

2月定例議会に集中しております。
日記が滞りがちですが、お許しください。
本日はこれより環境農政常任委員会に出席します。
海老名サービスエリアでの地元産品の販売戦略などについて議論してまいります。

昨日地元の支援者の方たちから「もっと自分が住んでいる地域を大切に(顔を出せ)しなさい。」と厳しいお叱りを頂きました。
posted by おさだ at 07:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治

2009年02月24日

おくりびと

 日本の映画がアカデミー賞でオスカーを ダブル受賞するなんて、映画好きの私には朗報です。

 「おくりびと」については私も封切り間もないときに観ましたが、やはりいい映画でした。
 私の感想
@ 主演の本木雅弘と名優山崎努のキャラが噛み合っていい感じだったなぁ。
A 本木雅弘の納棺やチェロを弾くしぐさはただものじゃない。
B 本木が悩みの中で妻(広末涼子)の体を求めるシーンが赤裸々で良かった。
C もちろん映画の内容も良かったですよ。(まだ観ていない人のためにも内容には触れませんが。)
 
 それにしても本木氏が自ら提案して作った映画と言いますが、彼自身のキャラクターというか日ごろの飾らない所作というか・・・自意識過剰な俳優が多い中で彼っていうのは男の私から見ても光って見えるなぁ・・それに義母が樹木希林でしょ・・いい感じだよなぁ・・

 本当言うと、ありがたいのは、ワイドショーの目がつかの間だけでも麻生ネタから離れてくれること、だったりして。
posted by おさだ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2009年02月23日

安定した仕事

DSCF3207(1).jpg どことかの市役所の、わずかな定員の職員募集に何百倍もの受験者が殺到しているとニュースで流れている。

 経済不況と雇用不安が増す中で若者が“安定”した職業を求めている証だと言う。確かにマスコミが・・派遣を切られたら明日から住まいも無く所持金はたったの5000円・・・みたいな極端な人の例を取り上げて、みんなそんなふうだ、というような伝え方をしては若者が不安になるのも、安定はイコール公務員だ、と胆略的に考えてしまうのも無理は無い。もちろん国民の信頼を勝ち取れない政府の迷走にこそ最も大きな原因があることは言うまでも無いが、安定のため、公務員になりたいという理由だけで警察官や教員になられたらこれもまた困ったものだ。

 私のようなこれもまた極端な例をもって例とするのは日本のマスコミ以上に無謀なことかも知れないが・・自身の経験から言えば「好きなこと」を生業とできることがやはり安定につながる最も大切な要素だと考えている。
 私自身これまで6回もの転職を繰り返して生きてきたし、同世代の仲間を見ても社会人になってから一度も職場を変えていない者などほとんどいない。ただ、私の場合そんな中で常に“政治”という“好きな職業”を手放さずにこれたから今日があるし、それが長い目で見れば安定ということにつながるのだろうと思っている。

 今、政治がやらなければならない喫緊の雇用政策を教育論みたいなものにすりかえようとしているのではなく、別な意味で、改めて若者には自分の好きなことを見つける経験を重ねて欲しいと思う。その好きなことというのは友達と音楽がやりたいとか、週末にサーフィンをしたいみたいな趣味や遊びのことではなく、職業として何がしたいか、どんなことをしていると飽きずに楽しく働いていることができるか、ということだと思う。

 市役所の試験会場を埋め尽くす人たちの中に“公務員という職業が好きだ”という人がどれほどいるのだろうか。これもまた困った話だ。

写真・昨日行われた、カローリング大会にて。その他この週末は・・・青少年会館はつはるまつり・自民党青年局選挙・今里福寿会誕生日会・甘利明後援会役員会・本郷神社みこし保存会親睦旅行・飛鳥ライオンズクラブ創立20周年式典・高座施設組合焼却炉使用に関する集会・通夜参列など・・・

 
posted by おさだ at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2009年02月20日

スカウト協の会長に就任

 昨日開催された「海老名市スカウト連絡協議会」の総会において私が会長に就任することが決まりました。

 スカウトとはボーイスカウトやガールスカウトのこと。海老名においても4つのボーイスカウトと2つのガールスカウトが活動しています。

 子どものころの希望が今になって一つかなったって感じかな・・小学生の頃本郷の田舎に河原口から引っ越して来た同級生が、日曜日になるとハイソックスをはいて、スカーフのようなものを首にまいてどこかへ出かけていくのがうらやましくて・・・父親に「俺もボーイをやりてぇ!」って嘆願したことがあります。まったく相手にされることもなく希望は儚くついえましたが。まだ昭和40年代の農村ですから「ボーイ」ってまさかバーのウェイターにでもなると親父が勘違いしたのでは・・?ま、それはないでしょうけれど、海老名でも都市化の遅れていた地域でしたから「そんなヒマがあったら仕事(農業)を手伝え!」みたいな雰囲気はまだまだあったものです。

 さて私も会長に就任した以上はスカウト活動の発展のために微力を尽くして行きたいと思います。皆様も応援よろしくお願い致します。

 
posted by おさだ at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2009年02月19日

議席にて

c.JPG 今日は定例議会の代表質問が行われる日です。政務調査会のメンバーとして自民党を代表する質問を書き上げたものですからいよいよ今日はその発表の日。

 先日、松沢知事がオバマ大統領の就任式に参加するため渡米し、式典の最中にテレビのインタビューでアメリカの民主主義を絶賛してみせた行為に対して「米軍基地のある県の知事を代表して招待され、基地の苦しみに耐えている県民の声を新政権に伝えるために渡米したはずなのに、少し浮かれ過ぎではありませんか?」と釘を刺すような質問も用意しました。しかし・・・わが党の財務大臣がローマで演じた失態を思えばこんな質問、恥ずかしくてできやしない・・・

 写真は県議会の議席にて。最近視力が低下してきて(近眼)・・議席から知事ら執行者の顔がよく見えません。そこで眼鏡をつくってみました。
posted by おさだ at 06:53| Comment(0) | TrackBack(2) | 政治

2009年02月18日

労働闘争

 一昨日開会された県議会。朝から議会のフロアーには多くの団体が集まり、議会への要望行動をする姿があります。今回は白衣を着た女性の姿が目に付きます。

 例えば彼女たちは現在神奈川県が進めている県立病院の独立行政法人化に反対するため議会にやってきている看護師の皆さん。

「私は公立の病院で立派な医療を提供するために就職したのです。なのに独立行政法人にされて切り捨てられる。先が見えない中で友達も次々と辞めて行きます。看護師が不足しているというのにどうしてこんなことするのでしょうか。」

 と、看護師さんの訴えをお聞きするのが私の役目。

「患者の皆さんも本当に不安で仕方が無い様子です。本当に良質の医療を提供するには時間もお金もかかります。」とは若い男性の理学療法師。

 かれらの訴えには真実がある。地域医療を守っていかなければならない。私も切実にその声に同調する。しかし、医療を守っていくために今の公立病院のままでよいかと言えばそうではない。

 気になるのは彼女たちを引き連れてやってくるネクタイ姿の男性たち。労働組合の執行部の方たちである。

 だから私は申し上げました。「地域医療を守っていくために共に頑張りましょう。でもそれが皆さんの職を守るための労働闘争ということなら、別問題。そのことと医療を守ることと混同することはできませんよ。」と。

 この定例議会に県立六病院の独立行政法人化、職員の非公務員化に向けた定款案が議会に提案されました。
posted by おさだ at 08:48| Comment(0) | TrackBack(3) | 政治

2009年02月17日

申し上げるならば

 G7へ行って、大変な醜態をさらしてしまった中川財務兼金融担当大臣。私のような木っ端議員が何を申し上げても何も変わりはいしないだろうけれど、恐れながら申し上げます。せめてあなたに政治家としてのプライドがあるならば、閣僚どころか議員バッチをはずして隠居すべきだ。私は一国民として、そう思います。
posted by おさだ at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2009年02月16日

いよいよ今日から

RX.JPG いよいよ今日から2月定例議会が始まります。
 やっぱり議会があっての議員ですよね。今日は朝も5時には目が覚めてしまって、一人シコシコと新聞の切り抜きを整理したりしています。そうそう今日の神奈川新聞のトップ記事は東名高速綾瀬インターの記事でしたね。不景気な話題ばかりの毎日ですが、こうした記事を見るだけで励まされる思いがします。

 さて、皆さん花粉症は大丈夫ですか?私は一昨日から鼻がムズムズしてくしゃみの連発です。今年は例年よりも少し早い気がするなぁ・・・では行ってきます。

※写真は最近中華街で流行りの坦々刀削麺。辛味のある料理ですので四川料理の店で食べるとおいしいようです。私は今夜も中華街で打ち合わせを兼ねた懇談会・・・体力がなきゃ政治家は務まりません。
posted by おさだ at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2009年02月13日

閑話休題・・・

{.JPG 貴重品のお預かりはご遠慮願います。

 という日本語を見てふと・・・「これおかしくない?」
 とある高級ホテルのクロークでのこと。

 貴重品のお預かり・・・をするのはホテルの側だから「ご遠慮致します。」だろうなぁ・・・貴重品のお預かりはご遠慮致します。 ああ・・すっきりする。

 もしくは預ける側に立って「貴重品の“お預け”はご遠慮願います。」と書くべきか・・・

 ま、どうでも良いことなんですが・・・最近日本語の乱れが気になったりする、私は早くも老境に入ったか。
「こっちの方がぜんぜんいいよ。」なんて言葉を耳にすると「ぜんぜん(全然)」て言葉はそれだけですでに否定や打消しの意味を持っているので本来は「ぜんぜん良くない。」という方向で使うべきでは。

 なんてやっぱりこれもどうでも良いことなんですが。それより、こんなの“写メ”撮っている自分の方がよっぽど変?
posted by おさだ at 06:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治

2009年02月12日

政争

 二年前の選挙後しばらくは議会多数派(自民・公明・県政)と松沢知事との関係は修復傾向が続いていたが、ここのところ両者の関係は悪化すること著しい。

 知事がマニフェストに掲げた11本の条例案。矢継ぎ早に議会に提案されてくるなか、その中身を議論すると具体的な施策の裏づけが無い、財政的な見通しが無い、組織や人員的な面で不十分、関係法令との間に無理がある・・といった未成熟な形での提案が目立ち、あたかも“数多くの条例を制定することが成果である”ごとき知事の姿勢には議会側からの反発が強い。

 もっともその最たる「受動喫煙防止条例(案)」については議会側からの指摘に当局側が答弁不能に陥るケースもあり、譲歩に譲歩を重ねてすでに骨抜きの状態だ。それでも知事は「この条例に政治生命をかける。」と豪語する。だから議会は「いっそ廃案に追い込んで政治生命を絶ってやれ!」と意気高揚だ。私もどちらかと言えば、これまで知事や市長などが提案する議案をほぼ例外なく円満可決してきた地方議会の事なかれ主義に強い疑問を持っている方なのでこんな風に執行者(知事)と議会が対峙している状況は嫌いではない。

 しかし、政争は政治の常だが・・・どうであっても県民のことを忘れずにいたい。
posted by おさだ at 09:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治

2009年02月09日

四十の手習い

[.jpg 最近、武道を習い始めました。

 もう20年以上前になりますが、学生時代にたしなんだ「神道夢想流杖道」。当時二段を取得したこの古武道を昨年暮れから再会した次第。週に一回道場に通って稽古に励んでいます。

 杖道とは、宮本武蔵と同時代を生きた夢想権之助を開祖とする剣術の一つで、128cmほどの丸棒を使って剣と戦うもの。型の武道で中高年の方でも充分にたしなむことのできる武道です。興味のある方は下記のホームページをご覧になってみて下さい。

http://kanagawa-jodo.main.jp/about_the_jodo/practice_place.html

 昨日は横浜の伊勢山皇大神宮の神前で奉納演武会が行なわれました。
posted by おさだ at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2009年02月08日

海源寺にて

C.jpg 足早に通り過ぎようとした寺の前。

「便利も 過ぎれば 不便の元」

 思わず握っていたケイタイを見やりながら思います。こいつが普及して便利になったはずが、何だかかえって忙しくなっている。何事も、過ぎたるはなお及ばざるがごとし か。
posted by おさだ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2009年02月06日

予算概要

Z.JPG 昨日21年度の神奈川県予算の概要説明会が行なわれました。今日、記者発表が行なわれます。

 2000億円以上の財源不足に陥ることが確実な情勢のなか、「臨時財政対策債」という言わば借金を大幅に増やして、このお金をこれまでの借金返済に充てる。という、かなり異例なやりくりでなんとか21年度を乗り切って行こう。 そんな予算編成となっています。

 写真は説明を行なう県幹部職員やそれを聞く舘森政務調査会長をはじめ自民党の議員。

 ところで、そんな中でも「受動喫煙防止条例」に関する諸施策についてはしっかりと予算計上されており、そのために30人の職員を配置するという。
posted by おさだ at 10:15| Comment(0) | TrackBack(34) | 政治

2009年02月04日

加賀町の由来

x@.JPG 昨日はお休みを頂きましたので、横浜の街中をぶらつきながら映画を観て来ました。

「感染列島」・・・新型インフルエンザの大発生による国家の大混乱を描いた映画ですが、本当に恐ろしくなる映画でした。先日も日記に書きました「政府による国民の行動抑制」などが、いかに難しい課題か?更に「食料の奪い合い」「押しかける患者による病院の混乱」など映画の場面は、私たち政治や行政に携わる者が現実的なイメージを持つためにも是非観ておきたい映画だと思います。
 私の立場で最も参考になったのは、患者が発生した地域のみを局地的に封鎖することは不可能に近い事だ、ということ。映画では封鎖されたエリアの住民がそこから逃げようとする衝動からパニックに陥る様子が描かれています。

 さて話は変わりますが・・・

 写真は横浜中華街にある加賀町警察署。神奈川県警の中でも最も忙しい警察署の一つです。この加賀町という地名は明治初期の外国人居留地の町名に由来するものですが、実はその加賀という名称は私の曾曾お爺さん(祖母の祖父)である田代加賀禄という人物の名前から付けられたものだとか。
 居留地の形成に尽力した功績によるものと伝え聞いておりますが、この場所に来るとひひ孫の私としては大変名誉に感じます。
posted by おさだ at 09:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治

2009年02月03日

休暇

 今日は今年に入って初めてのお休み頂きます。
posted by おさだ at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2009年02月02日

再発見!(うどんの美味い店)

2.JPG さがみ野のさくら並木商店街の一角にかつて美味いうどん屋(味平)がありました。小さな店舗でしたが、四国出身の寡黙なご主人が手打ちする讃岐うどんは表面がやわらかく汁によくからみ、そのくせ芯はコシがあってモチモチとした食感の本当に美味しいうどんでした。

 いや実は学生時代讃岐出身の代議士の事務所でアルバイトしていた経験のある私はそのころ本場の讃岐うどんをよく食べさせられていたせいもっあってうどんには少々うるさいのです。

 ところがその味平が街角から姿を消したのが3年前。もとより寡黙なご主人でしたのでどこへ行ったやら良く分からないまま私は美味いうどんから遠ざかっていたわけです。

 しかし一昨日、偶然そのお店を発見した私です。場所はと言えば厚木は国道129。山際交差点を中津の方に向かって行って1kmほど行った右側(厚木市下川入)です。
 味平という名前と「本場讃岐うどん」ののぼり旗、たまたま前を通りかかった私はちょうど昼時ということもあり恐る恐る入ってみた次第。

 懐かしく、そして美味い味でした。
posted by おさだ at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感

2009年02月01日

昨日の甘利大臣

 昨日、ある会合でスピーチに立った甘利明・行政改革、公務員制度改革担当大臣。いきなり「人事院と激しいバトルをしております、甘利です。」と宣言。その場の会合の趣旨はさておき

「行政を預かる役所の長が総理大臣が主催する会合をボイコットするなんてありえないこと。人事院の総裁ってのはそんなにエライのか?こんなことを許していたら改革なんて永遠にできない!」

 と怒り心頭の様子はこれまでに見たことのない激しさ。省庁の幹部人事を一元管理する新組織「内閣人事・行政管理局」への機能移管に人事院が反発していることに対するものだが、目は血走りいくぶん涙さえたたえている様子。

「人事院の連中が今組織をあげてオルグに走っている。自民党にも民主党にもこのオルグで骨抜きにされている議員が出始めた。改革しろしろと叫んでいた民主党まで、ホントはそんなこと言ってない、なんて言い出した。」

 と目の前にいる民主党議員を気にも留めず喝破した上で言った。

「人事院総裁ってのがどんな人物か調べてみたら、郵政省から天下って次々と“渡り”を繰り返し、そのたび退職金をもらい、今は年収2千万以上をもらっている人物だ!」

 なんとふざけた話かと、私も大臣の怒りに同感する。と言うより、その怒る姿にマスコミも伝えない“真実”を見た気がしたのだ。
posted by おさだ at 09:30| Comment(0) | TrackBack(17) | 政治