2009年03月13日

修正案提出へ(県受動喫煙防止条例案)

`B.JPG 賛否渦巻く「受動喫煙防止条例」ですが、現在行われている県議会2月定例議会で決着が付きそうな様子となってきました。

 昨日は自民党の団会議(40名)が緊急招集され、この条例案に対して修正を加えることで意見が一致。友党である公明党と県政会とも強調してこの修正案を提出する方向となりました。

 主な修正点は、禁煙、分煙を義務付ける小規模店舗の面積要件や過料(ひらたく言うところの罰金)の徴収については別条例とすること、県境の旅館など条例によって甚大な影響を受ける施設については例外規定を設けることなど。

 議会の過半数を超える三つの会派の協調が成ればこの修正案は可決されることになるでしょう。これに対して松沢知事が待ったをかけるため、この成立した修正案を“再議”に付することができます(つまりもう一度考え直せと議会に突き返すこと。)。
 再議に付された修正案を議会が再び可決するには三分の二以上の賛成が必要で、こうなると修正案が可決される見込みは薄くなります。しかし、法律の規定ではこの再議が不成立の場合は知事が提案した元の案も含めて廃案となるため、この条例案は胡散霧消することになり・・つまりなんにも無かったことになるのです。
 だったら今までの騒ぎはなんだったの?という話ですからまさか松沢知事が血迷いでもしない限りこの修正案を再議に付すことはないだろう。と私は思います。何しろ修正案というのは、一部の修正部分を除いた部分は知事の提案に賛成する。という意味でもあるのだから。

 写真・・忙しい合間の食事はついついおろそかになり勝ち・・・そんなわけで私も駅前の立ち食いそば屋で昼飯をかき込むようなことが多いのですが、これは桜木町の駅構内にあるお店。入り口に「青汁あります。」と大きな看板あり・・・健康のため!なんて思ってついつい注文してしまう私のような客層を狙っているんでしょうね。
posted by おさだ at 07:27| Comment(0) | TrackBack(6) | 政治