2009年03月17日

いよいよ正念場

 今日は県議会常任委員会開会日。県民世論を二分する受動喫煙防止条例について、自民、公明、県政の三会派で共同提出する修正案の採決が行われる。神奈川ネットなども賛成の意向で修正案は可決される見通しだ。

 昨日は予算委員会の最中に知事が委員会を中断させて議長室を訪問。議長に「いきなり採決しないで協議の場を設けて欲しい。」と願い出た。これがまた自民党の議員の質問時間中だったことから予算委員会を中断させた知事への反感を招いてしまった。

 さて、取材に訪れるマスコミなどの様子を見ていて思うのだが、議案の良し悪しは別として、議会と知事との間でこうした丁々発止の議論が行われ、双方に馴れ合いを廃した緊張感があることに好感が寄せられているという印象を持つ。
 かねてから自治の進展のために議会との馴れ合いを批判してきた松沢知事だから今日のこの様子には満足もしていると私は思いたい。

 知事殿・政治生命をかけるとまで明言したこの問題です。為政者の決断はいつでも孤独なもの。県民の幸福を座標軸にして自らを見失わない判断が肝要かと存じます。
posted by おさだ at 07:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治