2009年04月01日

新年度

 新しい年度がスタートしました。
 神奈川県の行政にとってはまさに厳しい一年の始まりです。年間で二千億円もの財源不足が予想される中、知事ほか県の幹部も職員も私たち議員も報酬の一部をカットするなどしてこの不況下での財政運営を乗り切らねばなりません。

 国は景気対策のために大型予算を組んで景気の浮揚をはかり、税収を回復させて赤字財政を挽回しようとする積極財政の路線を鮮明にしておりますが、それが吉と出るか凶と出るかは神のみぞ知る。というのが実態では。

 いずれにせよこの世界的な不況が一年や二年で回復しようもない症状であることは識者の一致するところ。平成21年度が更に厳しい平成22年度へ向けての一年であることの前提をもって議員としての言論にあたらねばならない。と覚悟していこうと思っています。
posted by おさだ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 政治