2009年05月12日

小沢氏の党首辞任

 他党のお家事情について私がとやかく言う立場には無いのかもしれない。しかし、それにしてもそもそも小沢氏のような自民党以上に自民党的な人物が民主党の党首をしていたこと自体が異常なことだったのだから当然の帰結と言うべきでは。

 前原、岡田、枝野・・・民主党にもプロパーの立派な人物がいるが、簡単に言ってしまえば国民の皆さんから軽量級の印象を持たれていて、収まりが悪い。私などは「それで何が悪い?」と言いたくもなるのだが、どうも日本国民の中には国のトップをはるような人は多少アクが強くても清濁あわせ飲んでも豪腕であるべき・・と戦国の武将でも待ち望むような風潮があって、小沢氏のような人物に期待してしまうのか?

 自民党議員の私がこんなこと言うのもなんだが、民主党があれも反対これも反対、審議拒否だ牛歩戦術だ、とやっててくれているうちは政権交代などありはしない。むしろ昨今のような経済危機などに直面したとき、「国民のために協力しよう。」とオトナの態度をとられることこそ怖いのだが・・・新党首にはその器と党内をまとめあげる度量を期待したい。
posted by おさだ at 08:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治