2009年05月17日

鳩山代表と新型インフル

 民主党の新しい代表が決まりました。
 
 恐怖政治と言われた小沢支配から開放されて、新鮮で利権にとらわれず、民主的な、そしてまとまりがあって実現可能な政策を打ち出せて党首討論のできる政党になって欲しいと、国民の一人として思います。

 嫌味みたいになっちまったかなぁ?決してそういうことではありません。

 さて、ついに新型インフルエンザの国内感染が確認されてしまいました。でも慌てる必要はありません。こうなることは時間の問題であることは再三言われてきたことですから。空港での水際対策を徹底しながら時間を稼いで都道府県など自治体の体制が整うのを待っていたわけで、私たちで言えば神奈川県がこの間にどこまで対策を整えることができたか、それが大切。明日から始まる県議会では臨時調査会を設置して状況を確認することとなっています。最も大切な視点は発熱外来の設置準備とそれにかかわる医師や看護師などの確保と保障ということだと考えています。



 ただ、国や自治体にできることには限界があります。何をしてくれるのか? と、期待するよりも自分の体を自分でウィルスから守ることが大切。どうか外出時にはマスクを、うがいと手洗い、マスクや消毒薬、そして食料の備蓄を進めて下さい。
posted by おさだ at 08:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治