2009年07月31日

国家再生の胎動はこの次か・・

 横浜の中田市長が突然の辞職。国家再生のために動くのだと言う。一昨日、松沢知事と同席する機会かあったので知事に聞いてみた「松沢さんは辞めないでしょうね!」すると「いやいや!そんな・・」と明確な否定は無かった。(という印象)

 現状のまま総選挙を迎えれば民主党が政権を握る公算が強い。私も一所懸命頑張ってはいるが、この大きな時代のうねりのようなものに勝つことはなかなか困難であると感じている。

 しかし、実は民主党の議員の中にも民主党が政権を取ってもその政権を維持する能力は無いと感じている議員が多い。例えば野党となった自民党が、鳩山代表の例の違法献金問題を追及すればどうやっても国民の納得する回答はできないであろうし、違法であることが明確なのだからその責任を取らないわけには行かないだろう。まして高速道路の無料化も育児手当てもその財源の話になればバラ色の政策の裏に隠れている「国民の税負担」というトゲが現れてしまう。

 中田氏の動きなどを見ているとにらんでいるのは次の次。民主党の短命政権崩壊後の政界再編ということではないか?と感じる。その時期は一年後の参議院選挙、または再来年の統一地方選あたりか・・・

 日本国家再生の胎動はすでに始まっている。その動機は本当の意味での地方分権。道州制を始めとしたこの国の統治システムのリニューアルである。中田が仕掛けたいのはおそらくこれであり、同時に派生する憲法改正という大仕事だと私は推察している。

 今回起きるかもしれない政権交代を16年前の日本新党ブームによって起きた政権交代になぞらえる人も多い。しかし、私は違うと思っている。今回のことは戦後の日本に一時期誕生した片山哲社会党内閣の時と同等であるべきだと。片山内閣が断行した農地解放によって私たちの国は近代国家への脱皮を果たしたと言える。そしてやるだけのことを果たしてこの内閣は消えた。

 電話も電車もテレビも無い時代に作られた廃藩置県による都道府県という自治の枠組みをインターネットも高速道路も整備された今の時代にそのまま運用しようということがすでにナンセンス。神奈川県などは間もなく三つ目の政令市が誕生しようとしており、三つの政令市の人口は県下の65%を占めてしまう。こうなったら県なんてなんの為にあるのか?すでに現行の制度は限界に来ているのだ。

 道州制では新たにできる道や州が法律を制定し、国以上の権限を持って自治をする。国は外交や防衛といった国にしかできない部分の業務に特化する。従って国家公務員も国会議員も大幅に削減されることになるであろうし、身近なところでは海老名市というようなサイズの市も存在しなくなる。こんな大規模な改革を自民党や民主党といった既成政党が断行するのは無理と言わざるを得ない。

 国家再生の胎動はすでに始まっている。その動きを五感を研ぎ澄ませて感じ、願わくはその一端を担って生きたい。

 
posted by おさだ at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2009年07月28日

なりふり・・

090727_192050.jpg 衆議院が解散された今、私は日々甘利大臣(内閣府特命担当大臣)の活動をお手伝いさせて頂いています。

 しかし今回ばかりは、先が見えない、相手が見えない、自らが見えない・・こんな選挙前は始めてだ・・・

 何しろ相手が強いとか弱いとかいった類の戦いではない。むしろ国民が自民党に向けた批判と向き合う選挙であり、更に私たち自民党支持者が我々自民党自身に向けた問いかけに答えを出さねばならない戦いなのである。

 批判は厳しいものがある。山びこが我に返るように、大きく叫べば大きく響き返る。街頭活動では如実にそれが現れる。
 自民党に向けられていた期待があったからこそ批判もまた苛烈を極める。と理解するより仕方がない。ここは思いっきり我在るところを叫び、思いっきりご批判を頂くしか打開の道は無いのではないか・・・

昨日はビクビクしながらの進言だった。
「大臣、今日は夜の駅頭に立ってください。」
「・・・・・」
「なりふりかまっていられる戦況ではありません。私が横に立ちます。」
「分かった、何でもやるよ。」

支援者の方からはお叱りもありました。
「大臣をこんなさらし者にして、お前何考えてんだ!」と。

 思えば高僧を滝に打たせるようなことを、私はしているのかも知れない。
posted by おさだ at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2009年07月26日

県議会も選挙モード

 少しは県の話題を提供したいところですが・・・衆議院の選挙が近づくなかで8月20日に予定されていた常任委員会も各党合意の中で中止が決まり、議会は休止状態の選挙モードに入っています。

 そうですね・・話題といえば知事がマスコミにぶち上げた海水浴場の全面禁煙条例の問題くらいか・・海水浴シーズンでもありますし・・この問題、議会と知事の間でまたしても激しいバトルとなりそうな空気ですが、何よりも問題は限られた議会の審議時間をこうした問題に奪われ大切な課題が置き去りになってしまうこと。知事はこの海水浴場禁煙条例を県の福祉や医療の問題などを審議する厚生常任委員会に付託すると言うけれど、障害者福祉の問題はもとより県立病院の独立行政法人化や医師不足を補うための体制整備など、問題点を指摘し、つめて行かなければならない課題は山ほどあるのに・・・まぁそれを言ったら国政選挙を理由に県議会を止めてしまうことも同じで、私としてはそれもやはり問題だと思っています。
posted by おさだ at 08:22| Comment(0) | TrackBack(2) | 政治

2009年07月24日

なぜかハチマキ!

JcI.JPG 千葉の勝浦に住む友人がまるまると太った鰹(カツオ)を一本送って来た。実にありがたい話だが、これだけの大物をさばくのは素人の女手には無理。当然一家の主の仕事となるわけだ。

 たまにゃ仕事の疲れも忘れてエンヤホッサと包丁突き刺して・・・なぜかハチマキ姿の漁師気分。♪北のぉ〜漁場わよぉ♪なんて (=^ε^= )鼻歌まじりにカツオをさばくのでした。

 初がつおって時期でもありませんがやっぱり夏は生姜醤油にきざんだ大葉で豪快に頂くのがいいですね。
 
 これで選挙もカツぞ!

 写真・とってもそんな余裕のある様子に見えない?

posted by おさだ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2009年07月21日

政治の季節

r[P[X.JPG いよいよ今日は衆議院が解散されます。日本中の衆議院議員の胸からバッチがはずされる日。各自が一斉に明日に向かって走り出す日でもあります。

 まさに政権選択の選挙が来月18日に公示されるわけですが、この連休中は私も街頭に立って演説、演説、演説・・・前哨戦はすでにヒートアップしています。
posted by おさだ at 09:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治

2009年07月20日

13.JPG 週末は色々なイベントに参加しますが、今日行われた柏ヶ谷ふるさとまつりでは、中央農高の和太鼓部の演奏中に鮮やかな虹がかかりました。3日後には日本の南の島では皆既日食が観測されるそうですね。

 夏本番、政治の世界も熱い季節が始まります。
posted by おさだ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2009年07月19日

愚直に訴えるしか・・・

Hcn.JPG ここまで政権交代をあおっておいて、当の新聞記者が「民主党に政権を担う能力は無い。」と言っているそうだからあきれてしまう。私は決してそんなことは無いと思うのだが、「政権交代可能な二大政党」という理想は二つの政党が互いに拮抗した勢力の中で切磋琢磨するから意義があるのであって、ワンサイドな構図を作り上げてしまっては、それは間違いだと私は思う。

 一方の自民党も両院議員総会の開催を仕掛けたグループに対する批判が、自民党を支持する市民の皆さんから多く寄せられている。彼らにとっては正義の戦いなのかもしれないが、支援者にとっては単なる内輪もめとしか映らない。どうやら小泉純一郎かぶれの政治家があの偉大なる変人を真似ようとしているようにも見えるが、どだい役者が違いすぎることに気づいていないのではないか?小泉待望論は私の胸の内にもあるが・・

 「私は自民党員です。」と旗を揚げた私である。こんなときこそブレずに愚直に支持を訴えるしか無い。

 写真は市内の工業団地にて。
posted by おさだ at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2009年07月17日

900万人

 政局の話は少々辟易としていますので・・少し離れましう。

 さて神奈川県の人口が900万人を突破しました。全国の都道府県の中では東京に続いて2位の人口。国で言えばスウェーデンの人口と並び、東京23区、東北6県の人口にも匹敵します。

 900万人みんなが一ヶ所に集まると横浜スタジアム48個分で、みんなが100Wの白熱球1日1時間ずつ消したら315tの二酸化炭素を削減でき、みんながペットボトルのキャップを1個ずつ持ち寄っら医療を受けられない子ども11,250人にポリオワクチンを与えることがきます。

 全国の都道府県で人口の減少が始まっている中、人口の増加が続いているのは東京、愛知、滋賀、千葉、埼玉、沖縄、そして神奈川の7都県だけ。一年前は10あったのですが・・・


 先日、全国の知事さんたちが、自民党や民主党など政党が総選挙で掲げるマニフェストについて地方分権の立場から採点をすることを決めました。
 これまでの中央集権型の国づくりは人口も経済も急激に伸びていた時代には大いに機能を発揮しましたが、こうして人口が減り経済が低成長の時代になると中央集権の大雑把な行政では国民の納得を得られず、地方が主権をもってきめ細かな行政サービスを行なうべきだという主張が強くなるのは当然。私も知事の皆さんの行動に賛成しますし、むしろ国とは主権をめぐって戦う姿勢を持って臨まないと権利は勝ち得ないと思っています。

 武家政権発祥の地(鎌倉)神奈川。
 黒船到来の地(浦賀)神奈川。
 マッカーサーが降り立った地(厚木飛行場)神奈川。

 有史以来この国に新しい時代を告げるて来た神奈川が地方分権で新しい時代を切り開くべく先頭に立って戦うのは当然の使命。
 900万県民の誇りを持って私も努めていきます。 
posted by おさだ at 10:40| Comment(0) | TrackBack(5) | 政治

2009年07月15日

自民党

 衆議院の解散をめぐる自民党内の動きについて、やはり私も何らかのコメントをしなければと朝から半日考え続けてみたものの・・どうにも何と言ったらよいのか言葉が見つかりません。

 あるとすれば、こんなときになると「俺は前から自民党はダメたと思ってた。」なんて言い出す調子のいい政治家がいるけれど・・せめてそんなふうではありたくない。と、そんことを思っています。

 白虎隊の若者は、飯盛山からお城が焼けるのを見て死を覚悟した。自民党の政治家にはせめて誇りとプライドを失わないで欲しい。
posted by おさだ at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2009年07月13日

相模縦貫道路の料金割引について

 先日行なわれた県議会の建設常任委員会の議論で、開通当初の相模縦貫道路について利用料金の割引を行なうべきだ。という趣旨の質問をさせて頂きました。

 すでに報告している通り、来年の3月には海老名インターチェンジが開通します。当面は東名高速への乗り降りができるだけの機能となりますが、一年後には相模原まで縦貫道路が開通します。しかしその距離はわずか十数キロメートル。高速道路としては充分な機能を持っているとは言えません。しかし、周辺地域の渋滞を一刻も早く緩和させていくためには皆さんにこの部分開通した道路を利用して頂くように誘導しなくてはなりません。そのために利用料金の割引が必要だはないか。という趣旨の質問でした。

 今後割引にむけて神奈川県として道路事業者と交渉を進めていくという方向で意見の一致をみたと理解しておりますが、実は東京湾アクアラインの通行料値下げを千葉県知事となった森田健作氏が公約しています。高速道路の値下げを一都道府県の権限でできるのか?という素朴な疑問がわきますので色々と調べた結果、値下げによる減収分を県が負担すればそれは可能なようです。しかし、今回私が質問した相模縦貫道の割引については県が負担すべきものではなく、道路事業者が利用の喚起という意味で自主的に行うべきだという主張をさせて頂きました。

 さて、話は変わりますが、先日私が書いた「在宅重度障害者への手当て削減」の日記について読者の方から厳しいご指摘をいただきました。
「あなたは県の情報をこまめに伝えます。と言って選挙に出たはず。しかし今回の件については事前に情報を伝える努力をしていなかった。そして決まってしまってから知事がどうとかこうとか愚痴のようなことを言っても仕方が無いではないか。」
 というご意見。
 
 心から反省し、今後は事前の情報提供とポジティブな姿勢を心がけたいと思います。

posted by おさだ at 10:23| Comment(0) | TrackBack(8) | 政治

2009年07月11日

マスコミって・・

 先日ある友人から相談を受けた。とある大手損保会社との間で契約の不履行とかでトラブルになっている。と言う。彼が言うには会社側のミスにクレームをつけたところ一方的に契約を打ち切られたとか・・・

 問題はその先なのだが、彼はマスコミに知り合いがいるとかで「この問題をマスコミにリークしてやる。」と損保側に詰め寄ろうとしている。

 道路の建設で家の立ち退きを求められたとか、学校で子どもがいじめられたとか、行政とのトラブルでも時折こうして“マスコミ”を交渉カードに使おうとする人がいる。

 決して違法なことではないし、そういう気持ちも分からないではないのでそのこと自体を問題にしようと言うのではなく、ふと思うは、いつのまにやらマスコミというやつはまるでヤクザのように“脅しの道具”として人々に認知されようとしていること。

 ペンは剣よりも強し。と言ったのは昔日のこと。今やマスメディアが持った威力は計り知れない。

 私はブンヤさんの友達を持たないようにしている。 
posted by おさだ at 09:27| Comment(0) | TrackBack(2) | 政治

2009年07月10日

更に言うならば

 昨日に引き続き県による重度障害者手当ての大幅削減についてだが、大雑把な話、県下13万人の障害を持つ人たちに年間44億円ほど支給してきた手当てを4億円に削減すると県当局、つまりは松沢知事が言い出した。

 議会としては県の財政が厳しさを増す中、単なる支出削減のための福祉切捨てであってはならないと再々にわたって指摘してきた。これに対して当局つまり松沢知事は「決してそのようなことはない。」と言い張ってきた。

 では、代わりにそのお金で何をしようと言うのかハッキリさせてくれ。と議会も障害者団体の皆さんも主張するのは当然である。しかし、それを示さない。たぶん・・出せば更に議論百出「ああでもない、こうでもない・・・あれもせよ、これもせよ・・」と不満と要求がエスカレートして肝心な削減ができなくなると警戒したのだろう。

 それでも議会はこの案を修正しながらも可決してしまったではないか!と言われればそれまでだが、苦渋は「この議会で継続審議を決められたら県下の市町村で来年度の予算も組めない。」という現実であった。

 せめて従来通り40億円規模の予算は確保すると約束して欲しいという議会の求めにも知事は応じなかった。

 それにつけても松沢知事。「手当ての削減は財源確保のためではありません。」と再三説明しておきながら、議案が可決したとたん。代わりの具体策を示せなかった理由を「財政的なことで先のことは分からないから・・・」と新聞のインタビューに応えている。やっぱり財政(財源)が動機じゃないか!
posted by おさだ at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2009年07月09日

在宅重度障害者手当ての大幅削減について

 神奈川県は昭和44年以来、在宅で暮らす重度障害者に年額6万円などの手当てを支給してきた。

 時代の変遷のなかで、障害者をとりまく環境も昭和44年当時とは大きく変わり、在宅であっても福祉サービスが充実したこと。あるいはこの手当てに使ってきた43億円あまりの財源を使って、ケアホームを開設したり、在宅ヘルプを充実したりといった時代に合った新しいサービスを実現したい。といった考えの中で松沢知事はこの手当てを一部の最重度障害者を除いて廃止することを今年2月の議会に提案していた。

 これに先立つこと横浜市議会でも同趣旨の提案があり、これはあっさりと可決されていたが、県議会では削減によって生まれる財源を使って何をするのか?その姿が見えないまま削減だけを承認するわけにはいかないとこの議案を継続審議としてきた。

 一昨日開催された厚生常任委員会では、この問題に対して議会側が県当局の回答を求めて終日紛糾し明け方まで続く審議となった。あくまでも代わりに実施される施策の計画を示すまで議案の可決はしない。という議会の意見と、「これ以上先延ばしされると来年度からの準備作業すらできない。」とする当局側の要求はなかなかなその溝が埋まらなかった。
 深夜、これまで手当ての廃止に向けて激変緩和措置として一年間は半額を支給するとしていた県当局の措置を2年間に延ばし、その間に新たな計画づくりを推進することで自民、民主を含む主要各派が最終的に合意に達した。
 本来なら「手当の削減によって生ずる40億円を上回る予算を新たな施策に振り向けることを約束する。」という約束を知事から取り付けたかったが、松沢知事は「今後財政状況がどう変化するかわからない。」という趣旨で最後まで首を縦に振らなかった。

 新聞各紙の書きっぷりは悪く「妥協の産物」みたいなことばかり書くが、さはさりとてこの状況で問題を先送りにするのが正しい判断とも思えない。

 華々しい政策は次々と打ち上げるものの、福祉に関しては切り捨ての傾向が強い松沢県政。手当て廃止によって生まれる40億円からの財源で本当に障害者の皆さんが求めている施策が展開されなくてはならない。これは私としても残り2年弱の任期の中で最も重要な関心事項になる。
posted by おさだ at 12:07| Comment(1) | TrackBack(3) | 政治

2009年07月07日

血の通わない行政

 たばこ屋の店先に「禁煙」という大きなステッカーを貼れと県庁の職員が迫ったと言う。

 県下でたばこを商いする人達の団体「たばこ商組合」の代表の皆さんが議会にやって見えた。コンビニやスーパーではなく、個人でもっぱらたばこを売って生計を立てている方たちだ。

 ご想像頂きたいが、いわゆるタバコ屋さんの経営者に若くて元気な人は少ない。大半が高齢化したおじちゃん、おばちゃんが小さな店舗で細々と、まるで爪の先に灯をともすようにして営業している。

 県知事の提案ですったもんだの末に修正可決した「受動喫煙防止条例」はたばこ商の皆さんの生活に大きなダメージを与えたことは言うまでもないが、皆さんが老いた声に怒気を含ませて訴えるのはこういうことだ。

「県の役人がやってきて、私たちの店にも“禁煙”という大きなステッカーを貼れ、と言うのです。たばこ屋にわざわざ禁煙なんて表に貼り出すバカがいますか?」
「私たちは決まった条例には従うつもりです。だから条例の趣旨をしっかりと明示したポスターなら貼れと言われて怒りはしません。ただ“禁煙”とだけ大書きしたハデなステッカーを持ってきて貼らなければ条例違反だぞ。と、それが悔しくてならない。駐車場の中に説明もなく駐車禁止って張り出すようなものですよ。」

 なんということだ・・血も涙も無いとはこのことか。許せない、やるせない気分でいっぱいだ。
posted by おさだ at 06:22| Comment(0) | TrackBack(2) | 政治

2009年07月05日

基本

×X.JPG 甘利明・内閣府特命担当大臣と二人で街頭演説してまわる毎日が続く。
 どんなところへでもビールケースを置いて、私が前振りでひとくさり演説してから大臣がしゃべる。二人三脚の地元行脚だ。

 政治不信も深まる一方。現職大臣とはいえ政治家の演説に足を止めてくれる人は少ない。夕刻ともなればふたり励ましあいながら夕日を背にして粘つく舌にウーロン茶を流し込む・・・

 それでもこうしして愚直なまでに訴えること。こんなときはそれしかない。それが政治の基本だと私たちは思うから。
posted by おさだ at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2009年07月03日

やめるわけにもいかないし・・・

「ブログ読んでますよぉ。」と言われることがよくある。

たいがいの場合・・
「つまらない日記ですからどうか読まないで下さい。」
と答える私。

実は  本当にそう思っている。
posted by おさだ at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2009年07月02日

批判ばかりじゃ良くはならない。

またぞろ出てきた“政治とカネ”問題の鳩山代表。
耳にタコの麻生指導力不足に吸引力低下。

法律違反は別問題としてしっかり処分なり処罰なりしなければならないが、いずれにせよ批判するばかりで政治が良くなるとは思えない。
マスコミもどうかと思うが、ぼやいたって彼らからペンを取りあげられるわけでなし、仕方が無い。政治ってのは善人も悪人も、テロリストも聖人も包含して導いていく作業なのだから・・・
posted by おさだ at 07:37| Comment(0) | TrackBack(47) | 政治