2009年07月17日

900万人

 政局の話は少々辟易としていますので・・少し離れましう。

 さて神奈川県の人口が900万人を突破しました。全国の都道府県の中では東京に続いて2位の人口。国で言えばスウェーデンの人口と並び、東京23区、東北6県の人口にも匹敵します。

 900万人みんなが一ヶ所に集まると横浜スタジアム48個分で、みんなが100Wの白熱球1日1時間ずつ消したら315tの二酸化炭素を削減でき、みんながペットボトルのキャップを1個ずつ持ち寄っら医療を受けられない子ども11,250人にポリオワクチンを与えることがきます。

 全国の都道府県で人口の減少が始まっている中、人口の増加が続いているのは東京、愛知、滋賀、千葉、埼玉、沖縄、そして神奈川の7都県だけ。一年前は10あったのですが・・・


 先日、全国の知事さんたちが、自民党や民主党など政党が総選挙で掲げるマニフェストについて地方分権の立場から採点をすることを決めました。
 これまでの中央集権型の国づくりは人口も経済も急激に伸びていた時代には大いに機能を発揮しましたが、こうして人口が減り経済が低成長の時代になると中央集権の大雑把な行政では国民の納得を得られず、地方が主権をもってきめ細かな行政サービスを行なうべきだという主張が強くなるのは当然。私も知事の皆さんの行動に賛成しますし、むしろ国とは主権をめぐって戦う姿勢を持って臨まないと権利は勝ち得ないと思っています。

 武家政権発祥の地(鎌倉)神奈川。
 黒船到来の地(浦賀)神奈川。
 マッカーサーが降り立った地(厚木飛行場)神奈川。

 有史以来この国に新しい時代を告げるて来た神奈川が地方分権で新しい時代を切り開くべく先頭に立って戦うのは当然の使命。
 900万県民の誇りを持って私も努めていきます。 
posted by おさだ at 10:40| Comment(0) | TrackBack(5) | 政治