2009年07月19日

愚直に訴えるしか・・・

Hcn.JPG ここまで政権交代をあおっておいて、当の新聞記者が「民主党に政権を担う能力は無い。」と言っているそうだからあきれてしまう。私は決してそんなことは無いと思うのだが、「政権交代可能な二大政党」という理想は二つの政党が互いに拮抗した勢力の中で切磋琢磨するから意義があるのであって、ワンサイドな構図を作り上げてしまっては、それは間違いだと私は思う。

 一方の自民党も両院議員総会の開催を仕掛けたグループに対する批判が、自民党を支持する市民の皆さんから多く寄せられている。彼らにとっては正義の戦いなのかもしれないが、支援者にとっては単なる内輪もめとしか映らない。どうやら小泉純一郎かぶれの政治家があの偉大なる変人を真似ようとしているようにも見えるが、どだい役者が違いすぎることに気づいていないのではないか?小泉待望論は私の胸の内にもあるが・・

 「私は自民党員です。」と旗を揚げた私である。こんなときこそブレずに愚直に支持を訴えるしか無い。

 写真は市内の工業団地にて。
posted by おさだ at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治