2009年08月31日

解党的出直し

 まさかここまで負けるとは思いませんでしたが、歴史的大敗を喫した自民党は今後解党的な出直しをしなければなりません。

(ここまで負けりゃかえってサッパリだなぁ。)

 自民党を仕切ってきた大物議員が多数姿を消したのですから、これを機に自民党は大幅に人材の若返りが図られることになるでしょう。それに期待したいと思います。

 私は小泉構造改革自体は間違っていなかったと思っています。後期高齢者医療制度の改革も郵政民営化も必要な改革であった。問題はそれを行った自民党自身が世間の批判におもねてブレたこと。麻生総理の「私は郵政民営化に反対だった。」という発言が何よりもまずかった。そしてそれ以上に政権を投げ出してみせた安倍、福田の二人の総理の責任は重い・・。

(今になってあれが悪いこれが悪かったと言うのはもうやめようと思うが・・・。)

 自民党は野に下るわけですが、せめて今後は、あれも反対これも反対と、反対のための反対を繰り返すような野党にだけはなって欲しくない。国民にとって必要な法案については新政権に従って欲しいと思います。

 私は・・
 他人の選挙でこれほどまで激しく戦ったことは初めて。今はいくらか茫然自失の状態ですが・・
 12時間ぶっ通しで仲間と街頭演説したこと、良い経験でした。かりんとうのように日焼けした顔から薄皮がポロポロと落ちてきます。優秀な若手議員もハリケーンに吹き飛ばされてしまった。しばらくの間政界から姿を消さなければならない仲間たちのことを思うと言葉がみつかりません。
posted by おさだ at 10:18| Comment(1) | TrackBack(4) | 政治