2009年09月02日

県政

 選挙運動に明け暮れる日々が続いたが、県議会議員としての本来の仕事を忘れたわけではない。

 今年は建設常任委員会に籍を置かせて頂いている私にとって地元海老名では、氾濫する永池川の整備と相模縦貫道路の開通という二つの課題が重要案件となっている。

 とりわけ今年もこれからの台風シーズンに氾濫の危険が高い永池川の東名高速から上流部分の整備は、市民の安全確保と自然環境を守る意味から重要。今年はこの整備計画を国の河川整備計画の中に位置づけさせる手続きと地元住民への説明会に入る手はずを整えて来た。国の整備計画?と大げさに思われるかも知れないが、この川はれっきとした一級河川だ。

 しかし、残念ながら国政において民主党に政権を渡してしまった。同党の政権公約では「予算の組み替え」を行い不要不急の公共事業は切り捨てる。としている。もっともな主張だが・・

 県の担当者との打ち合わせでは民主党の説明では河川や道路の整備は真っ先に削減の対象となる様子なので、永池川も相模縦貫道も整備が難しくなるのではないか?少なくとも1〜2年の間事業が凍結されるのは避けられない。との見通しだ。

 こうした国政の余波は今後行政のいたるところで具体化するだろう。厳しい状況が続く。

 すみません。今日は時間がなくて文がうまくまとまりません。 
posted by おさだ at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治