2009年09月16日

自民党はみずから野党に下野したということ。

 先の衆議院選挙について意見を総括して述べよ。と、自民党から求められています。今日の午前中までに提出しなければなりません。

 そりゃ言いたいことは山ほどもあるさ・・・国会議員の結束が緩んで内紛したことが敗因、政策がブレたことも敗因、総理の失言も敗因・・・

 ただ、ここは一点にしぼって言うつもり。

「今回の選挙で党本部から送られて来たチラシも資料も目を通せば民主党に対する批判、ネガティブキャンペーンばかり。自民党が批判される政党から批判する政党になったとき、みずから野党に成り下がったということではないか?戦略責任者の猛省を求める。」

 以上のことだけ言うつもりです。なぜなら今後も自民党は民主党政権への批判などする必要は無いから。それは民主党に一票投じた国民がより厳しい目でしてくれるはず。それよりも私たち自民党はみずからの自己改革にまい進すべきだから。
posted by おさだ at 08:21| Comment(0) | TrackBack(3) | 政治