2009年09月29日

瑞穂の国の民として

nukihosai1.JPG 昨日は宮中で執り行われる新嘗祭(にいなめさい)に際して神奈川県を代表してお米を献上する大谷の間宮さんの田んぼにて抜穂祭という神事が執り行われ、春から丹精こめて育てられたお米が収穫されました。
nukihosai2.JPG
 米が主食であり、米がお金の代わりさえしてきた日本の稲作文化。皇居でも豊作を祈願し、収穫に感謝する神事は一年間の行事の中でも最も大切な慣わしだとか。
nukihosai3.JPG
 白装束に早乙女姿。海老名の地が県内でも有数の穀倉地帯であることを改めて実感します。
posted by おさだ at 07:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治