2009年10月16日

羽田をハブ空港に

 ハブの話だけに毒も強そうだねぇ。

 なんて冗談を言っている場合ではなく、前原さんが言い出した羽田空港の国際線化、ハブ空港化は国民の利益のためにホントは是非そうすべき課題だと思っています。

 実は自民党政権のときも多くの政治家がそう考えていて、扇大臣のときにもそうした発言が波紋を呼んだ経緯があります。ただ、何せ成田空港を作ったのも自民党政権。同じ政権があれほどの犠牲を払い、地元住民の生活を犠牲にして作り上げた成田をないがしろにして羽田にシフトして行くわけにも行かず・・・ズルズルと年月が過ぎていた問題。今やすっかり世界からとり残されてしまっているのが日本の空港事情だったのです。

 おそらくこんな風に自民党長期政権の中で塩漬けになってしまって来た問題は他にもたくさんあるのではないでしょうか?民主党連立政権に点数を稼がれるのはつらいものもありますが、それでも国民の利益を思えばこうした諸々の問題についてこの際表に出して陽に当てる努力をして欲しいもの。私はそう思います。 
posted by おさだ at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治