2009年11月05日

丹沢へ

1104.JPG 環境調査のため丹沢に登ってきました。今回は県が行なっている鹿の管理捕獲についてその現場を視察するのが主な目的。
 写真の通り、この日だけで15頭の鹿がハンターによって捕殺されていました。つらいことですがこれが現実。現在神奈川県では丹沢だけで年間1400〜1500頭の鹿を撃ち殺しています。そうしないと増えすぎてしまった鹿によって自然の生態系が食いつぶされてしまう。もちろん鹿だけが悪いのではないのだが・・・私も何度も丹沢に足を運んだがこれは確かに事実。

 人間の身勝手と言えばその通り、死んで行く鹿たちには申し訳ないことだが、あと数年のうちには丹沢の環境に見合った鹿の固体数まで減ずることができそう。生き残った鹿にとっては生きていくに充分な食料と環境の整った丹沢を実現してあげること。我々にできるのはそういうことしかないのだ。
posted by おさだ at 07:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治