2009年11月29日

視察へ

c.JPG 先週は水曜日から金曜日にかけて県議会安全安心特別委員会の視察(九州福岡県、佐賀県)に参加して参りました。

 初日は福岡県警察が北九州は小倉で多発する暴力団による事件を封じ込めるために徹底して行なっている対策事業について視察させて頂きました。
 山口組を筆頭に全国に22ある指定暴力団のうち五つまでもがこの福岡県内に集中しています。拳銃発砲事件も多発しており、その数はこの三年間だけでも年間13〜16件に上るとのこと。とりわけ歓楽街のある小倉北区では暴力団による覚せい剤密売、みかじめ料の徴収、暴力事件などが多発。一部の組では暴力団排除運動を行なった人の店舗に手榴弾を投げ入れたり、県議会議員の自宅に拳銃の弾を撃ち込む、警察官舎に時限爆弾を設置するなどその活動が過激化しているとのこと。
 そこで福岡県警では県警本部に暴力団対策部を設置し併せて暴力団排除条例を制定。歓楽街には写真のように特別対策隊を編成、61名の警察官が徹底した見回りや職務質問、検挙などを行ない目覚しい成果を上げている実態を視察させて頂きました。視察の性質上カメラを向けられない場面もありましたし、あまり詳しいことは書けない部分もありますので報告はこのくらいでご容赦下さい。

Cqd.JPG

 二日目はNTTによる災害対策と九州電力による“玄海原子力発電所のプルサーマル発電の内部”を視察して参りました。
 いよいよ始まった核廃棄物を再利用してのプルサーマル発電。今回特別にその内部、使用済み核廃棄物を冷却する冷却水の様子などをつぶさに見させて頂きました。IAEA(国際原子力機関)の監視カメラが常時監視する中とても緊張する体験でした。写真は実際の原子炉の実物大模型で、こういった部分は一般の方でも見学することができます。
 原子力の是非についてここで述べれば大変な文章量になってしまいますのでやめておきますが、チェルノブイリでの悪夢から核という未知の領域に恐怖した時代から最近ではCO2を排出しない環境型のエネルギー源としてその制御技術の進歩と共に原発もかなり国民に受け入れられて来ている感があります。しかし、一方で地震による柏崎刈羽原発での放射能漏れ事故など不測の事態もあります。神奈川においては原子力空母が横須賀に入港しており、安全対策という点でぬかりがあってはなりません。今回の視察は貴重な体験であったと思います。

 三日目はこのところ1時間あたりの降雨量が100mmを超える豪雨に毎年のようにさらされる博多地区の治水対策について現地視察をさせて頂きました。
 
 秋の陽光を浴びながらの九州行きでしたが、今回はなかなか実のある視察であったと思います。博多は中州の屋台で食った夜食のラーメンも旨かったなぁ・・・
posted by おさだ at 19:46| Comment(0) | TrackBack(2) | 政治